スポンサーリンク
スポンサーリンク

三重小2女児失踪事件|親に届いた「怪文書」が怖い未解決事件

加茂前ゆきちゃん失踪事件日本の凶悪事件
スポンサーリンク

三重小2女児失踪事件

1991年3月15日、三重県四日市市で小学2年生の加茂前ゆきちゃんが行方不明になった。
ゆきちゃんは学校から帰った形跡があり、どこかへでかけたあとの足取りがわかっていない。家には飲みかけの温かいココアが残されていた。
まだ寒い時期なのに上着も家に置いたまま。出かける時には乗っていくはずの自転車も家にあった。目撃情報は数件あったが、ゆきちゃんは見つからず、15年後の2006年には時効が成立してしまう。
北朝鮮の関連が噂されたり、事件から3年後に届いた「怪文書」にゾッとする有名な失踪事件である。

子どもを誘拐から守るポケットGPS|スマホで子どもは守れない!

スポンサーリンク

事件データ

失踪者加茂前ゆきちゃん(当時8歳)
容疑者不明
事件種別失踪事件
発生日1991年3月15日
場所三重県四日市市富田
キーワード怪文書
スポンサーリンク

加茂前ゆきちゃん失踪事件(三重小2女児失踪事件)

1991年3月15日、三重県四日市市富田で小学2年生の加茂前ゆきちゃん(当時8歳)が失踪した。

この日、学校は卒業シーズンということもあり、ゆきちゃんは普段よりも早い午後2時頃に帰宅した。この時、家には父親の芳行さんがいたが、夜勤明けで就寝中だった。
ゆきちゃんが帰宅して約30分後の午後2時半頃、パート勤務の母親・市子さんが家に電話をかけた。電話で母親は「仕事で遅くなる」とゆきちゃんに伝えている。
そのため、この時まではゆきちゃんが家にいたことは間違いない

午後4時頃、小学6年生の次女が帰宅した。
この時、ゆきちゃんは家にいなかったそうだ。次女は、テーブルの上に飲みかけのココアがあるのを見ている。ゆきちゃんはココアが好きで、よく自分で作って飲んでいた。このココアは、まだ温かかったという。

午後4時半頃、仕事に出かけるため父親が起床。この時もゆきちゃんは家にいなかったが、父親は遊びに行ったものだと思い、特に気に留めなかった。
夕方頃には高校生の長女が帰宅した。それと入れ替わるように、父親が板金工場の夜勤に出かけている。

その後母親が帰宅した時にも、ゆきちゃんは帰宅していなかった。さすがにこれはおかしかった。母親は何かあったに違いないと考え、午後8時頃、警察に通報した。

グルマンディーズ 防犯ブザー・アラーム ホワイト 11×4.7×2cm
塾帰りや通学、夜道、旅行やキャンプなど緊急時にコール ひったくり防止に最適 本体を引っ張ると音が鳴ります

そしてこの時から現在に至るまで、ゆきちゃんの行方はわからないままである

スポンサーリンク

ゆきちゃんについて

加茂前ゆきちゃん

ゆきちゃんを捜しています|三重県警察

当日ゆきちゃんは、いつも一緒に遊ぶ友だちの誘いを断っていたことがわかっている。
この友だちには「約束がある」と言っていたそうだ。この約束が、誰と交わされたものかは不明である。

スポンサーリンク

2つの目撃情報

スポンサーリンク

目撃情報1:白い車に乗ったパンチパーマの男

3月といえばまだ寒い時期である。
にもかかわらず、ゆきちゃんはいつも着ていたピンクのジャンパーを家に置いたままだった。出かける時に乗っていくはずの自転車も家にあった。

このことと関連があるかは不明だが、ゆきちゃんが白い車に乗った男と話していたという目撃情報がある。それはゆきちゃんの自宅から15mほど離れた場所で、車は白いライトバン、乗っていたのはパンチパーマの男ということがわかっている。

誰かの車に乗ったのなら・・・ジャンパーを着ていないことも、自転車が家に置き去りなことも説明がつく。

スポンサーリンク

目撃情報2:近鉄富田駅にいたゆきちゃん

目撃情報は、もうひとつある。

それは「近鉄富田駅で、加茂前ゆきちゃんを見た」というものだ。ゆきちゃんが白い車に乗ったのだとしたら、車は駅まで行き、ゆきちゃんは富田駅で車を降りたのかもしれない。そう考えると、2つの目撃情報はリンクするのだ。
しかし、これはあくまで推測である。

現在のように方々に防犯カメラがある状況なら、それも証明できただろう。あるいはもっと先の足取りまで追えたのかもしれない。しかし現実には、この目撃情報からあとの、ゆきちゃんの行方は誰にもわからない

その後の動き

スポンサーリンク

3年後、突然届いた「怪文書」

何の進展もないまま3年が過ぎたある日、加茂前家に怪文書が届いた。

誰が書いたのか、事件に関係があるのか、何もわかっていない。ただ、文章を読む限りまるで片言のようで、日本人が書いたものとは思えない。そのため、少し日本語が書ける外国人が書いたのでは?と言われている。

加茂前ゆきちゃん失踪事件 怪文書

怪文書の内容と解読

ミゆキサンにツイテ
 ミユキ カアイソウ カアイソウ
 おっカアモカアイソウ お父もカアイソウ
 コンナコとヲシタノハ トミダノ股割レ
 トオモイマス

ゆきさんについて (注釈1)

ゆき 可哀想 可哀想。
お母さんも可哀想 お父さんも可哀想。
こんなことをしたのは、富田の売春婦だと思います。

 股ワレハ 富田デ生レテ 学こうヲデテ
 シュンガノオモテノハンタイノ、パーラポウ
 ニツトめた
 イつノ日か世帯ヲ持チ、ナンネンカシテ
 裏口ニ立ツヨウニナッタ
 イまハー ケータショーノチカクデ
 四ツアシヲアヤツツテイル

売春婦は富田で生まれ、学校を出て
ストリップ小屋の反対側のパチンコ屋(または怪しい喫茶店)に勤めた。
いつの日か所帯を持ち、何年かして売春をやるようになった。
今は警察署(ケータショ)の近くで売春婦を管理している。

 ツギニ
 スズカケのケヲ蹴落シテ、荷の向側のトコロ
 アヤメ一ッパイノ部ヤデ コーヒーヲ飲ミナ
 ガラ、ユキチヲニギラセタ、ニギッタノハ 
 アサヤントオもう。
 ヒル間カラ テルホニハイッテ 股を大きく
 ワッテ 家ノ裏口ヲ忘レテ シガミツイタ。

次に
鈴鹿の春日稲荷神社の向こう側にある売春婦を揃えた喫茶店の部屋で、ヤクザにお金を握らせた。(ヤクザにゆきちゃんを握らせた)
昼間からホテルに入り、股を大きく開き、家業の売春を忘れしがみついた。

 モウ股割レハ人ヲコえて、一匹のメス 
 にナッテイタ。
 感激ノアマリアサヤンノイフトオリニ動い 
 タ。ソレガ大きな事件トハシラズニ、又カム
 チャッカノハクセツノ冷タサモシラズニ、ケッカハ
 ミユキヲハッカンジゴクニオトシタノデアル
 モウ春、三回迎エタコトニナル
 サカイノ クスリヤの居たトコロデハナイカ
 トオモウ

もう富田の売春婦は人を超えて、一匹のメスになった。
感激のあまり、ヤクザの言う通りに動いた。
それが大きな事件になるとは知らずに、また、カムチャッカ半島の白雪の冷たさも知らずに。
結果、加茂前ゆきちゃんを八寒地獄へ落としたのである。(注釈2)
3回目の春を迎えて、今はサカイの売人のいる組織の関連する場所にいると思う。

○ダッタン海キョウヲ、テフがコエタ、コンナ
 平和希求トハチガウ
 ミユキノハハガカ弱イハネヲバタバタ
 ヒラヒラ サシテ ワガ子ヲサガシテ、広い
 ダッタンノ海ヲワタッテイルノデアル

韃靼海峡をチョウが越えた」こんな平和希求とは違う。(注釈3)
加茂前ゆきちゃんの母親がか弱い羽をバタバタひらひらさせて、我が子を探して広い韃靼海峡を渡っているのである。

 股割れは平気なそぶり
 時ニハ駅のタテカンバンニ眼ヲナガス
 コトモアル、一片の良心ガアル、罪悪ヲ
 カンズルニヂカイナイ
 ソレヲ忘レタイタメニ股を割ってクレル
 オスヲ探しツヅケルマイニチ

売春婦は平気なそぶり、ときには駅の立て看板に目を流すこともある、
一片の良心がある、罪悪を感じているに違いない
それを忘れたいために股を割ってくれる男を探し続ける毎日。

 股ワレワ ダレカ、ソレハ富田デ生レタ
 コトハマチガイナイ
 確証ヲ?ムマデ捜査機官に言フナ
 キナガニ、トオマワシニカンサツスルコト
 事件ガ大キイノデ、決シテ
 イソグテバナイトオモウ。

売春婦は誰か、それは富田で生まれたことは間違いない
確証を掴むまで捜査機関に言うな
気長に、遠回しに観察すること
事件が大きいので、決して急ぐ手はないと思う。


○ヤツザキニモシテヤリタイ
 股割レ。ダ。ミユキガカアイソウ
○我ガ股ヲ割ルトキハ命ガケ
 コレガ人ダ コノトキガ女ノ一番
 トホトイトキダ

八つ裂きにしてやりたい売春婦だ。
ゆきちゃんが可哀想

我が股を割るときは命がけ
これが人だ、このときが女の一番尊き時だ

————————————————-
*文中の○は赤いインクで書かれている 。

子どもを誘拐から守るポケットGPS|スマホで子どもは守れない!

リヒトラブ 防犯ブザー プニラボ ハチワレネコ A7718-4
通勤・通学や塾帰りに安心な防犯ブザー。 かわいい動物のプリント入りで、子供から大人まで幅広く使える。 カバー部はシリコン製なので汚れても水洗い可能。
韃靼海峡
間宮海峡(韃靼海峡)は、樺太とユーラシア大陸との間にある海峡
  • 注釈1:原文では「みゆき」と書かれているが、「ゆき」の間違いであると考えられる
  • 注釈2:八寒地獄とは、仏教でいう地獄のうち、寒さと氷で亡者を苦しめる8種の地獄の総称
  • 注釈3:「韃靼海峡」とは「間宮海峡」のことで中国などでは韃靼海峡と表記する。「韃靼海峡をチョウが越えた」 というのは安西冬衛という詩人の「」という一行詩「てふてふが一匹韃靼海峡を渡って行った」を表していると思われる
スポンサーリンク

10年以上経って、不審な電話が・・・

失踪から10年以上経った2003年10月には、加茂前家に不審な電話がかかっている。

相手は若い男性の声で「俺はパンチパーマだ」と話したそうだ。パンチパーマといえば、失踪時に目撃された白い車に乗った男を思い出す。
だが、この男のことは報道されていて「犯人しか知らない情報」というわけでもない。パンチパーマと言ったからといって、この電話が犯人に結び付くとは限らず、単なるいたずらの可能性もあるのだ。
もしいたずらだとしたら、かなり悪質で許しがたいものだ。

時効成立

グルマンディーズ(Gourmandise) 防犯ブザー グリーン H: 180mm×W: 80mm×H: 37mm すみっコぐらし smk-62a
すみっコぐらしデザインの防犯ブザーが登場! 塾帰りや通学、夜道、旅行やキャンプなど緊急時にコール! ひったくり防止に最適! 本体を引っ張ると音が鳴ります。 全2種 「しゅうごう」 「はな」

この事件は「北朝鮮の拉致事件なのではないか?」という意見が多くあります。
確かに怪文書の片言のような文章は外国人を連想するし、韃靼海峡という言葉からは北の方を思わせます。
ただ、間宮海峡(韃靼海峡)はどちらかといえばロシアに近いのですが、目立たないようにロシア経由で北朝鮮に渡った可能性は大いにあるでしょう。

ただし、これは怪文書が事件に関係あると仮定した場合の話です。念のため調べたところ「北朝鮮拉致被害者リスト」に、ゆきちゃんの名前はありませんでした。

どちらにしても、この事件は15年経った2006年、公訴時効を迎えてしまいました。真犯人が判明しても、もう罪に問われることはないのです。
もし生きているなら家族に会わせてあげたいし、せめて真相だけでも知らせてあげられないかと、切に思います。

タイトルとURLをコピーしました