スポンサーリンク
スポンサーリンク

秋田児童連続殺害事件|心霊騒ぎまで起きた有名事件

畠山鈴香日本の凶悪事件
スポンサーリンク

秋田児童連続殺害事件

2006年4月9日、秋田県で行方不明だった少女が、川で遺体となり発見される。
母親の畠山鈴香は「悲劇の母親」として全国の同情を集めたが、1か月後、さらに少女の友だちが行方不明になると、彼女に疑惑が集中することになった。
そして捜査の結果、彼女がこの児童2人を殺害していたことが判明する。
マスコミはこの事件を大きく報道、犯人の特異な人間性は、世間の注目の的となった。
また、某雑誌の写真には、亡くなったはずの男児が写ったと話題になっている。

スポンサーリンク

事件データ

犯人畠山鈴香(逮捕時33)
犯行種別連続児童殺人事件
犯行日2006年4月9日、5月17日
場所秋田県山本郡藤里町
被害者数2人死亡
判決無期懲役(大阪拘置所に収監中)
動機娘が邪魔になった
キーワード不可解行動、寄せ書き
スポンサーリンク

事件の経緯

2006年4月9日午後7時45分頃、秋田県藤里町の小学4年の娘が行方不明となったと、母親の畠山鈴香(当時33歳)から110番通報があった。
翌10日、娘の彩香ちゃん(9)は、自宅から10キロ離れた藤琴川の中洲で水死体となって発見された。

警察は彩香ちゃんの死因を、足を滑らせて川に転落し数キロメートル流された「事故死」と断定した。検死した医師と司法解剖を行った秋田大学ともに、事件性なしと断定していた。しかし、遺体には流された際にできる傷がなく、服装にも変化がないなどの疑問点があった。

秋田児童連続殺害事件

この判断に対し、母親の鈴香は「事故だと断定した警察に不信感がある」として、自ら作成した彩香ちゃんの消息を求めるビラを付近に貼るなどした。
母親の必死な姿はマスコミでも報道され、鈴香は全国から同情を集めることとなった。

初動捜査ミス?

県警が「事件ではなく、事故の可能性が高い」と判断し、捜査態勢を80人から20人に縮小したことは、のちに批判の対象となった。
また、鈴香が事故ではなく事件にしたがった理由は、犯罪被害者給付金目当てではないかと噂された。

スポンサーリンク

事件の流れが変わった

米山豪憲くん

彩香ちゃんの死から約1ヶ月後の5月18日、ジョギング中の男性が、川岸から離れた道路脇の草むらの中で男児の遺体を発見する。
男児の名は米山豪憲くん(7)、彼は前日から行方不明になっていた。

豪憲くんは前日、友だちとの約束場所に時間になっても現れないことから、この友だちは豪憲くんの自宅に行ったところ、学校から帰宅していないことが判明した。そして午後6時20分頃、家族が110番通報をし、警察などによる捜索が開始されていたのだった。
秋田県警は、遺体に首を絞められたあとがあったことから殺人事件の可能性が高いとし、捜査本部を設置。司法解剖の結果、豪憲くんの死因は、首を絞められたことによる窒息死と判明した。

地元では…

彩香ちゃんの遺体が川で発見された時、地元では「絶対、鈴香が犯人だ」との噂があったことを、豪憲くんの父親は著書に記している

豪憲くんと彩香ちゃんは、友だちで仲が良かった。
鈴香は彩香ちゃんがいなくなった日、「豪憲くんに人形を見せに行ってくる」と言ったきり行方不明になった、と証言していた。

そして豪憲くんの自宅は、畠山鈴香宅の2件隣。絞殺された男の子の2件隣に、娘を疑惑の事故で亡くした母親が住んでいる・・・。
もし偶然なら、余りに奇遇なこの事実にマスコミは興味を抱いた。
そして、もちろん警察も鈴香をマークした。

スポンサーリンク

大衆は鈴香に釘付けとなった

18日の午後から、捜査員2人が乗った警察の覆面車両が、鈴香の実家の敷地内に24時間態勢で置かれることになった。秋田県警は「マスコミと被害者間のトラブル防止のためで、被害者家族の要請」と説明したが、警察が常駐したことで、かえって多数の報道陣が集まった。NHKさえもカメラを据えたことで、何かあるという確信めいたものがマスコミの間にあったという。

しかし、「被害者側の要請」という説明とは裏腹に、鈴香はマスコミだけでなく、警察がいることにも不満のようだった。マスコミに声を荒げるシーンは、当時のテレビでも流れている。

そんな中、彩香ちゃんの四十九日にあたる5月27日、鈴香は突然約30人の報道陣を実家に招き入れて、会見を開いたのだ。彼女は自分に対するネグレクト報道を否定し、豪憲くん殺害の2週間ほど前に、下校する子供たちを目で追っていた不審な車の男を目撃した、という話をした。

そんな中、鈴香は6月4日、秋田県警能代署に任意同行を求められる。鈴香の自宅からは血痕や、豪憲くんのものとみられる体液が発見されていたのだ。
そのため、2006年6月4日午後11時、捜査本部は畠山鈴香を、米山豪憲くんの死体遺棄の疑いで逮捕した。

スポンサーリンク

取り調べ

2006年6月6日 鈴香は、豪憲くんの殺害をほのめかす供述を始めた。
鈴香は豪憲くんに「彩香の思い出に何か貰って欲しい」という口実で自宅に誘い出したという。その時「彩香がいないのに、なぜこの子はこんなに元気な顔をしているのか?」「彩香の死を事件と認めさせるなら今しかない」と突然考えた鈴香は、豪憲くんの首を絞めて殺害した、と供述した。
そして6月25日、秋田県警能代署は、鈴香を豪憲くん殺害の疑いで再逮捕した。

秋田児童連続殺害事件
彩香ちゃんを突き落とした大沢橋

2006年7月14日、4月の彩香ちゃん水死事件に関して、供述をひるがえし「一緒に魚を見に行った際、橋から転落した。気が動転して助けを呼ばなかった」と話した。
これまでは「豪憲君に人形を見せに行ったきり戻らない」としていた。

2006年7月15日、彩香ちゃんを橋からつき落としたことを、認める供述をした。
供述の内容は「彩香がサクラマスを見たいと言い出したので、大沢橋に連れて行った。ところが日没を過ぎていて川面が見えなかったことからもう帰ろう、と言った。しかし、彩香が駄々をコネたので、ストレスとイライラが重なり、大沢橋の欄干から彩香を突き落とした。自由になって東京に行きたいという思いもあった。」というものだった。
鈴香は、こうも言った。「自分が汗のかけない体質で、汗かきの彩香が急に迫ってくるのが怖かった感じです」

2006年7月18日、鈴香を彩香ちゃん殺害の疑いで再逮捕。秋田地方検察庁は豪憲くん殺害容疑で起訴
2006年8月9日、鈴香は「なんで私が犯人なの?」などと、今までの自身の供述を真っ向否定する供述をしている。
2006年8月9日、彩香ちゃん殺害容疑で追起訴された。

スポンサーリンク

裁判

2007年9月12日に秋田地裁で初公判が開かれた。
争点となったのは、殺意の有無と、被告の殺害時の責任能力の判定だった。

鈴香は、豪憲くん殺害は認めたものの、彩香ちゃんの殺意を否認した。また、豪憲くん殺害についても殺害当時の自分の精神状態が正常であったかに自信がないと述べた。
また「1年半前は嘘つき、卑怯でした。どう変わったか見てほしい」「極刑にしてほしい」と述べた。


2008年3月19日、判決公判が開かれた。
検察側は「真摯な反省は期待できず、矯正は不可能」として死刑を求刑した。
初公判での真摯な態度とうらはらに、審理の間、都合の悪い質問には黙秘を繰り返し、公判中に書いた日記には「罪悪感はほとんどない」との記述もみられた。

弁護側は「更生の可能性は失われていない」として有期の懲役刑を求めた。
彩香ちゃんの事件について、橋の欄干で「お母さん、怖い」と急に抱き付いてきた彩香ちゃんを払いのけたための転落として、過失を主張。ショックで転落時の記憶を失っていたとし、自白は「検察官の強力な誘導」と反論した。
豪憲くん殺害についても、娘を亡くした喪失感による衝動的な殺害として偶発性を訴え、事件当時は心神耗弱状態だったと主張した。

豪憲はなぜ殺されたのか | 米山 勝弘 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで米山 勝弘の豪憲はなぜ殺されたのか。アマゾンならポイント還元本が多数。米山 勝弘作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また豪憲はなぜ殺されたのかもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

秋田地裁は、2件の事件ともに計画性を否定した。
彩香ちゃんの駄々に被告はいらだち、愛せずに悩み、新しい生活への足かせと感じていた彩香ちゃんが消えてくれるのではと思い、とっさに橋から落とした、と判断された。
また、彩香ちゃんを欄干に乗せた後、怖がって抱き付かれるまで突き落としていないことから、積極的な殺意があったとはいえないとした。
豪憲くんについては、「彩香ちゃんの死は事件」だとする自分の主張に目を向けさせるための、とっさの殺害と判断。計画性はなかったとし、「彩香ちゃん事件への疑いの目をそらすため」との検察側主張は退けた。


裁判長は「凶悪・卑劣な犯行で、刑事責任は重大」とし、検察側の死刑の求刑に対し、無期懲役を言い渡した。「死刑の適用も十分考えられるが、酌量すべき点も少なからず認められる」と述べたが、「内省が表面的にとどまる」との判断を加え、仮釈放は慎重にするよう求めた。

弁護側はこの判決を不服として、即日控訴した。
鈴香は閉廷間際、裁判長に突然声を掛け、米山豪憲君の両親への謝罪を申し出た。傍聴席を向き、サンダルをぬいで膝をついて土下座、「大事なお子さんを奪ってしまって申し訳ありませんでした」と述べ、泣きながら頭を下げた。豪憲君の父、勝弘さんは表情を変えず、母真智子さんは目を閉じて涙をこらえていた。

2009年3月25日、控訴審判決が仙台高裁で開かれ、弁護・検察双方の控訴審を棄却した。弁護側のみ上告した。
2009年5月19日 、弁護側が上告を取り下げたため、地裁が下した無期懲役が確定した。

犯人・畠山鈴香について

畠山鈴香

畠山鈴香は1973年2月2日、秋田県能代市で生まれた。
父親は、地元で砂利運搬会社を経営し、成功を収めていた。しかし彼女と母親は、この父親からひどい虐待を受けていた。

父親のDV

鈴香が小学校高学年の頃、父親がED(性的不能)になったことをきっかけに暴力が始まった。
ささいなことで暴力を振るわれ、母親の鼻が折れた時でも病院に行かせてもらえなかったという。


1991年、秋田県立二ツ井高校を卒業後、栃木県の温泉ホテルで仲居として働く。
1年8カ月後に仕事を辞めて能代市に戻っている。
そしてその約1年後には、栃木県日光市の温泉にある置屋に住み込みで働いていた。
しかし客の評判も悪く、いつもシンナー臭をさせていたため、2週間でクビ。
次に働いた置屋でも評判は最悪だった。嘘つきで怠け者、ドタキャンを繰り返すため長くは続かなかった。生活は荒れていて、カップ麺の容器が山積みになっているような生活だった。
ラウンジなど水商売でも働いたが、まったく使い物にならなかったそうだ。

その後、秋田県で結婚し退職。
1996年11月、綾香ちゃんを出産したが、5か月後に離婚。
綾香ちゃんを能代市の実家に預け、釣具店やパチンコ店などを転々とした。

2006年4月9日、彩香ちゃんを橋から突き落として殺害。
2006年5月17日、豪憲くんの首を絞めて殺害。
2006年6月4日、豪憲くん殺害の容疑で逮捕。

2008年3月19日、第一審で無期懲役が言い渡される。
2009年3月25日、控訴審判決が仙台高裁で開かれ、裁判長は地裁判決を支持し、弁護・検察双方の控訴審を棄却した。弁護側のみ上告した。
2009年5月19日 、無期懲役が確定、現在は福島刑務所にて服役中。

スポンサーリンク

畠山鈴香の不可解なエピソード

  • 事故死扱いのままなら逮捕されないのに、娘は事故死ではないと主張してビラを配った
  • 供述が二転三転する。遊びに行って戻らない→足を滑らせて落ちた→突き落とした
  • 殺害を認めた後でも「なんで私が犯人なの?」犯行を否定
  • 7年交際していた男性は公判で「金に汚く、身勝手」「彩香ちゃんを邪険にした」など不利な発言
  • 極刑でもいい、判決に従う、と言いながら判決を不服として控訴した

留置場での係官との会話の記録

  • 「午前中、眠くて検事さんの話を聞くのに必死だった」
  • 「検事さんのネクタイが4日間同じで、笑いをこらえるのに必死だった」
  • 「イライラしてきた。何にあたるか。とりあえず、帰ってから、調べの人にあたるか」
  • 「昨日、調べの時、チョコレートケーキ食べたいと駄々をこねたら、調べ終わられちゃった」

遺族が「なんで怒っているのかわからない

公判中、畠山鈴香は精神鑑定医に勧められてつけた日記をつけたことがあった。
そこには、自分がやったことを理解できていないと思われる文章が見受けられた。

「豪憲君に対して後悔とか反省はしているけれども悪い事をした、罪悪感というものが彩香に比べてほとんど無いのです。御両親にしても事故死扱いに腹を立てたように能代警察署に出向いては、壁を蹴り挙げるまでしている。
なんでそんなに怒っているのかわからないまだ2人も子供がいるじゃない。今でも何も無く幸せで生きて来てうらやましい。私とは正反対だ。よかれと思って何かしても裏目裏目に出てしまった。正反対の人生を歩いてうらやましい」2007年10月21日付

高校卒業時のクラスメイトからの寄せ書き

畠山鈴香への寄せ書き
こんなひどい寄せ書き、見たことない…
スポンサーリンク

解離性健忘の疑い?

限界を超えるようなにつらいことが起こった時、人間の脳は「その事実を認識しない」という働きをするそうだ。これを解離性健忘という。
鈴香は子ども時代に父親から耐えがたい虐待を受け、この解離性健忘がしばしば起こっていた可能性が指摘されている。

取り調べや公判中の供述が、コロコロ変わるのはそのせいだという意見もある。記憶にないことを無理に話すため、供述に一貫性がないのだ。のちに鈴香自身が「記憶にないことでも、調書に書いてある通りに答えていた」と話している。特に、彩香ちゃん事件についての記憶がないのは事実のようだ、と専門家は判断している。
しかし、これは裁判では認められず「鈴香が橋の欄干から突き落とした」事件と認定されている。

心霊写真?豪憲くんが写り込んだ写真

秋田児童連続殺害事件

畠山鈴香が逮捕されて事件が解決をみせたころ、某雑誌に掲載された写真に「豪憲くんが写っている」と話題になった。
この写真が撮影されたのは鈴香が逮捕された6日後の6月10日午後4時頃、家の周辺には警察の黄色いテープが張り巡らされ、外から人が立ち入れる状態ではなかった
豪憲くんの父親はこの写真を見た時、「これは豪憲です。間違いない」、と言ったそうだ。 

外部の人の写り込みでは?という意見もあるが、実際そんな感じには見えず、家の中から子供が外を見ているとしか思えない。

秋田児童連続殺人事件
拡大してみると、外部の写り込みではなさそうだ
スポンサーリンク

畠山鈴香は本当に不可解

とても不可解な事件です。
畠山鈴香は精神異常を認められていないので、性格が異常ということでしょうか。
 
確かに高校卒業時の寄せ書きをみる限り、まわりから相当疎まれていたことがわかります。
公判中も直前まで7年間も交際していた男性から 「金に汚く、身勝手」「彩香ちゃんを邪険にした」などと判決に不利になるような証言をされています。実際、本命以外にも男が複数おり、家に男が来たときは彩香ちゃんを外に出したそうです。冬でも夜でもそれは目撃されていました。
 
鈴香の性格は「自分がしたいことだけする人」に思えます。その場合、まわりがどうなってもかまわない感じです。
ラウンジや置屋で働くなら、普通は客が喜ぶお世辞のひとつも言うものですが、鈴香はそれすらしなかったといいます。 自分以外はどうでもいいのでしょう。
それがあの寄せ書きに現れているように思います。

 

自分が殺した娘が事故死として処理されれば、普通に考えて犯人としては都合がいいはずです。それなのに鈴香は「娘は事故死じゃない」としてビラを作り、配ります。これは本当に不可解です。
世間ではさまざまな意見がありました。
精神障害が原因とか、悲劇のヒロインになりたかった、娘を亡くしたショックのための健忘症とかです。解離性健忘だとする専門家もいました。
 
ラウンジ時代の同僚は鈴香に突然訪問され、席を外した隙にお金を盗まれたそうです。来て15分ぐらいで帰ると出て行ったので、不審に思い部屋を調べると2万円が無くなっていました。もし謝罪して返したとしても、もう付き合いは終わりですし、悪い評判は広がります。
先のことを考えていない行動の一例だと思います。
 

こういう行動が何かの人格障害にあたるかどうかは専門家に任せるとして、このタイプの人間がいたら、個人的な付き合いは避けた方が無難です。
異常な人間のテリトリーに入るのは危険です。過去の事件でも、相手の家に入ったり車に乗ったりしなければ避けられたものが多くあります。
子ども同士が友だちの場合は、外で一緒に遊ぶのはいいけど、家には絶対上がらないようにキツく言うしかないですね。

タイトルとURLをコピーしました