スポンサーリンク
スポンサーリンク

江東マンション神隠し殺人事件|悪いヤツほどよくしゃべる!

星島貴徳日本の凶悪事件
スポンサーリンク

江東マンション神隠し殺人事件

2008年4月18日、東京都江東区のマンションで、女性が神隠しのように消えた。
全室調べても見つからなかった女性は、918号室でバラバラにされて、トイレに流されていた…!
そんな中、犯人の星島貴徳はテレビのインタビューに雄弁に答えていた。
日本中が震撼した怪事件!

スポンサーリンク

事件データ

犯人星島貴徳(当時33歳)
犯行種別バラバラ殺人事件
犯行日2008年4月18日
場所東京都江東区潮見2丁目
被害者数女性1人死亡
判決無期懲役
動機性奴隷にしようと拉致したが失敗した
キーワード性奴隷、完全犯罪、テレビ出演
スポンサーリンク

事件の経緯

江東マンション神隠し事件

星島貴徳(当時33歳)は東京都江東区のマンションの918号室に住んでいた。
監視カメラオートロックなど防犯設備が充実しているワンルーム・マンションで、彼は2008年2月9日に入居した。

星島はフリーのプログラマーだったが、優秀で職場での評価も高かった。彼は独身で、過去にも女性と交際経験はなかったが、それには理由があった。
星島は1歳11か月の時に、足に大やけどをしてケロイド状にあとが残ってしまった。それがコンプレックスとなって、今まで誰とも付き合ったことはなかったのだ。小中学生の頃は、それが原因でいじめられたこともあった。

スポンサーリンク

歪んだ恋人願望

星島は、恋人が欲しいと思っていたが、求める女性像は常軌を逸していた。星島は「何でも言うことをきく性奴隷」を欲していたのだ。そして、それを実現するには「元々の人格邪魔だから、相手の人格を上書きする」ということまで、本気で考えていた。そして彼は「若い女性であれば誰でもいい」と思っていた。

星島がマンションに入居してから約3週間後の3月1日、2つ隣の916号室に、ある姉妹が引っ越してきた。東城瑠理香さん(23歳)とそのだった。
女性2人ということで、防犯設備がしっかりしたこのマンションはちょうどよかった。
姉妹と星島は、同じマンションの住人というだけで、特に交流はなかった。

2008年4月18日午後7時30分頃、仕事から帰宅した星島は、瑠理香さんの帰宅を待ち伏せしていた。性奴隷を作るため、1週間ほど前から計画を立て、瑠理香さんに狙いを定めたのだ。電気メーターを調べるなどして、おおよその帰宅時間は把握していた。

ほどなくして、瑠理香さんが広告会社の仕事を終えて帰宅した。そして、彼女が部屋に入って鍵を閉めようとした瞬間、星島が滑り込むように押し入ってきた。
星島は瑠理香さんの頭部を殴打し、そのまま廊下へと押し倒すと、包丁で脅しながら2つ隣の自分の部屋に拉致した。それから部屋にエアマットを敷き、そこに瑠理香さんを横たわらせると、抵抗できないように口にタオルを詰め、両手首と足首をビニール紐で縛り上げた

午後8時43分頃、瑠理香さんの姉が帰宅してきた。瑠理香さんは、マンションに着いて部屋に入る前、姉に帰宅を知らせるメールを送信している。なのに、瑠理香さんは部屋にいなかったため、姉はそれを疑問に思った。
姉は、玄関を入ったところに血痕が付着しているのを発見。異常を感じた姉は、すぐに警察に通報した。

スポンサーリンク

想定外の事態に星島が取った行動は・・・

東城瑠理香
被害者の東城瑠理香さん

通報を受け、警察が駆け付けたために、マンションはちょっとした騒ぎになっていた。
午後10時40分頃、星島はドアをノックされ部屋を出たところ、警官が立っていた。しかし、これは住人として何か知らないか聞かれたに過ぎず、星島は「何も知らない」と答え、やり過ごしている。

星島は、捜査が始まっていることに焦っていた。このままでは見つかると思った星島は、瑠理香さんを”消す”ことを決意する。

午後11時頃、星島はエアマットに横たわる瑠理香さんのに、包丁を突き刺した。そのまま息絶えるのを待ったが、時間がかかりそうだったため、刺さった包丁を抜き大量出血させ殺害した。
そして遺体を風呂場に運び、部屋にあった包丁とノコギリを使い、バラバラに解体。トイレに流せる部分は流し、骨など流せない部分は冷蔵庫に入れ、少しずつゴミとして投棄した。

翌19日、警察は全住人に対し家宅捜索を実施、当然、星島の部屋にも警察は来た。星島は家宅捜索に応じ、大胆にも遺体の一部が入った段ボール箱を指さし、中を確認するか伺ったりした。
しかし、警察は中を確認しなかった。この時点では「瑠理香さんはどこかの部屋に監禁されている可能性」を視野に捜査していて、まさかバラバラにされて段ボール箱に入っているとは思わなかったのだ。その後、遺体は少しづつゴミとして捨てられ、5月1日までに全ての処理が完了した。

スポンサーリンク

完全犯罪ならず

江東マンション神隠し事件・現場

星島は、指紋対策もしていた。何かの薬品ですべての指先の皮膚を荒らし、照合できなくしていたのだ。警察はこれを不審に感じ、再生するのを1ヶ月ほど待った。そして、再度指紋の照合を行ったのである。星島の指紋は、現場に残されたものと一致した。そのため、5月25日、住居侵入容疑で逮捕されることとなった。

逮捕後、下水管にわずかに残った遺体肉片と瑠理香さんのDNAが一致、星島の部屋や風呂場から採取された血痕と瑠理香さんのDNAも一致した。また、瑠理香さんの財布や免許証などの一部(切断されていた)を発見した。

そのため、6月13日には死体損壊・遺棄の疑いで、6月25日には殺人容疑で星島を再逮捕した。

スポンサーリンク

犯人・星島貴徳の生い立ち

江東マンション神隠し・星島貴徳
テレビの取材に答える星島貴徳

星島貴徳は1975年1月5日、岡山県岡山市で、4人兄弟の長男として生まれた。
1歳11カ月の時に、浴槽のふたに乗ったところ、ふたが落ちて熱湯の入った浴槽に落ち、一命はとりとめたものの両足に大やけどを負い、ケロイド状のあとが残った。そのせいで小学生のころからいじめられるようになった。
泣いて父親に相談したが、相手にされず怒鳴られ、それ以降は父親を恨んでいた。母親に話しても父親に筒抜けだったため、両親ともに憎んでいた。

岡山県内の高校を卒業後、両親の元から離れようと東京のゲーム会社に就職したが、4年ほどで会社を退職。その後、コンピューターソフトの開発会社に勤めている。
そのうち技術が認められ、月額50万円個人契約社員として働くようになった。

当時の仕事関係者は、星島の仕事ぶりは速くて正確で、後輩の指導もしていたこと、勤務先での人間関係に特に問題はなかったことなどを述べている。
仕事帰りは駅から自宅まで、毎日のようにタクシーを利用し、2500円のところ3000円を出してお釣りは受け取らずチップにしていたそうだ。

両親に対する恨みはこのころも続いており「殺してしまいたい」とまで思うようになっていた。事件までに両親と会ったのは2回ほどだった。

星島は、やけどのせいで恋愛は諦めており、そのせいか、何でも言いなりになる性奴隷を欲しがるようになっていた。この事件も、それを実現しようとしたものだった。
SNSサイト「mixi」のプロフィール欄には「だるま、ダルマ、達磨、四肢切断」と記載しており、女性の四肢切断に対して異常な執着心を持っていることがわかる。mixiには四肢切断した女性のイラストをアップしたり、コミケでも”女性を四肢欠損させた”同人本を複数製作していた。

テレビの取材を積極的に受けていた

江東マンション神隠し事件
江東マンション神隠し事件

2008年4月18日に事件を起こした翌日、星島はマスコミのインタビューに、事件と無関係な近隣住民を装って応じている。
それがテレビで流れたことから、世間の注目を集めることとなった。
インタビューでは「(警察に)疑われてるかも」と笑いながら答えるシーンもあった。

現在、星島貴徳千葉刑務所で服役中である。

裁判

スポンサーリンク

第一審・東京地方裁判所

2009年1月13日に東京地裁で初公判が開かれ、星島は、起訴事実を認めた。
公判のなかで、事件の全貌や、星島の異常な性癖が明らかにされた。

この裁判は、裁判員制度のモデルケースとしても注目された。
検察側は証拠として、被害者の遺体の一部である骨片49個、すべて5cm角程度に切り刻まれた肉片172個を65インチのモニターに表示するなどし、再度クローズアップされることになった。

2009年1月26日に開かれた第6回公判で、検察側は星島に死刑を求刑した。
検察は論告で「性奴隷」にしようとした身勝手な動機、完全犯罪のための罪証隠滅工作、部屋の血液反応が提示されるまで犯行を否認したことなどをあげた。
そして、1983年に最高裁が死刑適用基準(永山基準)を示して以降、「殺人の前科がなく、被害者が1人」の加害者に対して死刑が確定した、3件の殺人事件例を提示した。

弁護側は最終弁論で、前科がないこと、逮捕後は犯行を認め謝罪していること、足に大やけどを負った生い立ちなどを提示して死刑回避を求めた。

2009年2月18日に判決公判が開かれ、東京地裁は星島に無期懲役の判決を言い渡した。
判決理由は「性奴隷にしようとして拉致し、事件の発覚を防ぐため被害者の存在自体を消してしまおうと考えた自己中心的な犯行で、酌量の余地はない」と厳しく指摘。しかし「死刑選択には、相当強い悪質性が必要となるが、この殺害では執拗な攻撃を加えておらず、残虐極まりないとまではいえない」「自ら罪を悔いており、死刑は重すぎる」と結論付けた。
同月25日、東京地検は量刑不服として、東京高裁へ控訴した。

スポンサーリンク

控訴審・東京高等裁判所

2009年6月11日、東京高裁で控訴審初公判が開かれた。
検察側は「犯行は類を見ないほど凶悪一審の刑は軽すぎる」として死刑を求めた。
一方、弁護側は「過去の事案と比較しても死刑には値せず、無期懲役が最も適切」と主張した。

2009年9月10日に控訴審判決公判が開かれた。
東京高裁は、第一審判決を支持し、検察の控訴を棄却。「第一審判決は、わいせつ目的が未遂に終わった点を、有利な情状として挙げたが、有利には考慮できない。殺害方法は無慈悲かつ残虐で、『極めて残虐とまでは言えない』としたのは相当ではない」と指摘した。そのうえで、「殺害は身勝手極まりなく、死体損壊は人間の尊厳を無視する、他に類を見ないおぞましい犯行」と判示。しかし、検察官の主張する「殺害の計画性」は認められないと述べた。

さらに、「前科もなく、自らの罪を悔いて謝罪の態度を示し、矯正の可能性がある」として、永山基準や、”被害者が1人でも死刑”となった過去の事案との違いを指摘し、「極刑がやむを得ないとまでは言えない」と結論づけた。

検察側は「憲法違反や判例違反などの、明確な上告理由がない」と上告を断念し、被告人側も上告しなかったため、同月25日付で無期懲役が確定した。

この事件について思うこと

スポンサーリンク

仕事はできるが賢くない

仕事は出来て後輩の指導もできる、そして殺害後の「作業」も手際よくこなしています。そういった実務的な仕事においては優秀なのでしょう。
でも、だからといって賢いわけではないようです。

 
防犯カメラのあるマンションで、入ったきり出てこなければマンション内でトラブルがあったことは確実です。
そうなると一番近い部屋の男は真っ先に疑われます。しかも9階の住人は、星島と被害者の2部屋だけでした。「帰宅したところを襲って、自分の部屋に引き込む」という手口は、捜査のプロである警察官なら一番最初に考えるでしょう。
そして、それが容易にできるのは、同じフロアでしかも近い部屋の人間。

星島の918号室と瑠理香さんの916号室は2軒しか離れていません。そして間の917号室は空室ですから、実質隣同志のようなものです。この2軒を移動する間、誰にも気付かれることはないのです。誰がどう考えても、最初に疑われるのは星島です。
 
こんなリスクの高い状況で、よくやったものだと思います。
マスコミのインタビュー(ロングバージョン)でも、まるで取り調べのように質問されていて、警察でなくても容疑者扱いされています。
 
星島はほかにも、マンションの管理会社に防犯カメラを増やせ、などと苦情を言ったそうです。女性と同居してるわけでもないのに、ひとり暮らしの男の発言としては、ちょっと目立つ行動です。被害者側の立場を演出してるのかもしれませんが、ちょっと過剰な感じがします。「悪いやつほどよくしゃべる」を体現してるかのようです。

実作業に関しては優秀で上手にこなすけど、ものの考え方とか人間としての本質的な部分に関して、賢さはあまり感じない人です。

スポンサーリンク

姉妹の部屋は、毎日危険だった

本当に恐ろしい事件です。
9階に引越してきたのが若い女性なら、誰であってももれなく危険だったわけです。この被害を回避するのは不可能に近いです。

被害者にとっては、毎日がXデー、星島の気分次第で、決行日が決まるという恐ろしさ。知っていたら1日だって住みたくない、いや、たった1日も住めないぐらい危険な部屋だったわけです。
 
一番安全なはずの自分の家を、惨劇の舞台に変えるようなヤツには、もっと厳しく対処してもいいのではないでしょうか?
家というのは、住む人にとっては聖域に等しいと思います。それを犯すわけですから、その場合に限っては永山基準なんていらないのではないでしょうか?そう思うぐらいに腹立たしい事件です。

防犯カメラ 一括.jp


タイトルとURLをコピーしました