スポンサーリンク
スポンサーリンク

徳島・淡路父子放火殺人事件|おい 小池!日本一有名だった指名手配犯

小池俊一容疑者日本の凶悪事件
スポンサーリンク

徳島・淡路父子放火殺人事件

2012年10月19日、岡山市に住むひとりの男が、家のトイレで倒れて死んでいた。
同居女性も身元を知らないこの男は、「おい、小池!」の指名手配ポスターで有名な、小池俊一容疑者だった。
小池は2001年4月、徳島県と兵庫県で父子を殺害し逃亡していた。
徳島県警が執念で追った殺人事件は、意外な結末を迎えてしまった。

スポンサーリンク

事件データ

容疑者小池俊一(当時44)
指名手配中に死亡
犯行種別殺人事件
犯行日2001年4月20日~21日
場所徳島県徳島市
兵庫県淡路島
被害者数2人死亡
動機金銭
キーワードおい!小池
スポンサーリンク

事件の経緯

2001年4月20日午後2時過ぎ、徳島市吉野本町4丁目の県営住宅で火災が発生した。
焼け跡からは松田優さん(当時66)の遺体が発見された。松田さんは頭を鈍器で殴られ首を絞められていた。
その10時間後(翌21日)、今度は50km離れた兵庫県五色町(現・洲本市)の雑草火災の現場から、同じ手口で殺害された松田浩史さん(当時38)の遺体が見つかった。
そして驚いたことに、この2人の被害者は親子で浩史さんは優さんの長男だった。

父子は殺害された後、証拠隠滅のため燃やされたことが、捜査で判明した。
さらに松田優さんの4冊の預金通帳も、奪われていたこともわかった。
預金額は4000万円。これは父親・優さんが、障害のある長男・浩史さんのために貯めていたものだった。

徳島淡路父子放火殺人事件・小池俊一
徳島県警が作製した「おい!小池」のポスター

徳島県警は、同一犯人による強盗放火殺人事件と断定し、2001年5月、父子とパチンコ仲間で知人の小池俊一(当時44)を殺人死体遺棄容疑指名手配した。
県警は、指名手配ポスターを作製して全国の交番に掲示した。

このポスターに書かれたコピー「おい、小池!」は有名となり、容疑者の知名度は上がった。そして数多くの情報が寄せられたが、逮捕に結びつく有力な情報は得られず、捜査は行き詰まっていた。

徳島県警によると、逃亡後の小池の携帯電話の電波は、名古屋、大阪と続き、2001年5月に岡山で足取りが途絶えていた。

スポンサーリンク

意外なかたちで見つかった小池容疑者

2012年10月19日午後9時10分頃、岡山市北区の女性(67)から、岡山北消防署に通報があった。女性はパートから帰宅した時、同居男性がトイレで倒れているのを発見、警察と救急に通報したのだった。
男性は病院に搬送されたが、約1時間後に死亡が確認された。死因は心臓疾患によるものだった。

男性は変死だったため、岡山県警は警察署内で監察医による検案を行った。この時、指紋の照合も行わなかったという。
その後の葬儀の際に「小笠原準一」とされるこの男性の名前が、本名ではないことが判明する。同居女性でさえ本名を知らないことを葬儀業者は不審に思い、警察に通報した。
そこで初めて遺体の指紋を照合したところ、放火殺人容疑で指名手配中小池俊一と判明した。

この葬儀業者の機転がなかったら、小池の死は永遠に闇に葬られていたかもしれない。

小池俊一容疑者が住んでいた岡山市のマンション

なぜ11年間の逃亡が可能だったか?

スポンサーリンク

同居女性の存在

預金額4000万円の通帳を奪って逃げた小池だったが、預金を降ろせてはいない。こういう場合、警察は口座を凍結するので、そのせいかもしれない。
そのため小池は逃亡後、岡山市内でチラシ配りの仕事をしていたという。しかし当然住む家はなく、安ホテル暮らしをしていた。

事件翌年の2002年頃、当時女性が働いていた岡山市の飲食店に、小池が客として何度か訪れた。その後、女性は岡山駅前付近でチラシ配りをする小池を見かけ、自分から声をかけたという。それをきっかけに気軽に話をするようになった。
女性は「ホテル住まいをしている」という小池に「もったいないからウチへ来たら」と招き、2005年頃から同居を始めている。

同居後、小池は仕事に就かず、月3万5千円ほどの家賃や生活費は女性が負担した。女性は早朝4時半頃~午後10時頃まで、ホテルでパート出勤していた。
小池は月2万円程度の財布を任され、食品買い出し家の雑務を担当、食事は女性が作っていた。
連絡は、女性が与えた携帯電話で取り合っていたという。

小池は名前を教えなかったので、女性が勝手に「小笠原準一」と名付けたという。小池についての印象は、「ごく普通の優しい男性だった」と話している。
女性は、小池容疑者や事件のことは知らなかったと供述している。しかし、約5年前に巡回連絡で訪れた警察官に「ひとり暮らし」と、小池の存在を隠すような虚偽の説明をしている。

小池俊一容疑者 指名手配ポスター

この女性の存在がなければ、小池はもっと早く警察に見つかっていたかもしれない。
ちなみに女性が、小池の素性に本当に気付いていなかったかどうかは、情報が見当たらないため不明である。

スポンサーリンク

指名手配ポスターは役に立たなかった

2人が住んでいたマンションは、岡山市中心部の繁華街の一角にある。間取りは約6~8畳のワンルームで、家賃は約3万5000円。
歩いて数分のところに交番、500m先には岡山県警本部がある。
この人目の多いエリアで、小池は、あるときはスーツ姿で、あるときはニット帽にメガネ姿で堂々と外を歩いていたという。

同じマンションに住む高所作業員男性(23)によると、週1回程度、小池を見かけていたという。しかしその印象は、「短髪で目はつり上がり、頬がこけていた。ポスターの写真とは全く似ていなかった」と話す。
小池はマスクや帽子などで顔を隠すようなことはなく、あいさつをかわす程度だったという。

別の近隣住民も「よくコンビニのレジ袋を下げている小池容疑者を見かけた。手配写真とはまったくの別人で、色白で痩せていたし、顔もしわだらけ。手配写真よりもずいぶん老けて見えた」と話す。

小池が通っていた喫茶店の店主は「3~4年前に月に1~2回、ひとりで昼に来て日替わりランチ(780円)を注文していた。ランチ時は100人以上のサラリーマンが来店するが、スーツ姿で来ていた小池容疑者は雰囲気に溶け込んでいた」と話した。
この店主は、小池がたまたま亡くなった義弟に似ていたので覚えていたという。

近くの配送業の男性(36)は、10回ほどマンションに荷物を届けたが、受け取りはほとんど小池だったという。小池は色白で、部屋の中でもニット帽をかぶり眼鏡を掛けていた。いつも昼間にいるので、仕事をしていないのかなと思っていた、と話した。
小池は受取人欄に「小笠原」と書いていたそうだ。

小池俊一容疑者・年齢経過予測
近隣住民によると、この12パターンのどれにも似ていなかったという

徳島県警は加齢による人相の変化を予測し、52歳になった小池容疑者の似顔絵を12パターンも作成し、公開している。しかし、証言によるとこの12パターンのどれにも似ていなかったようだ。
実際の小池は、実年齢よりもはるかに老化しており、せっかくの指名手配写真が役に立たなかった。

「おい、小池!」のコピーは秀逸で、有名になったのは有意なことである。しかし、それが小池容疑者のイメージを固定し、かえって逃亡生活の手助けをしてしまった可能性がある。小池本人を見ても、誰もあの「おい、小池!」の容疑者とは思わなかったのだ。

小池容疑者はストレスに殺された?

徳島県警は、執念で小池俊一容疑者を追っていたにもかかわらず、生きたまま逮捕できなかったのは残念のひと言です。

 
指名手配ポスターを108万枚作り、普段の高飛車な態度を改め、雑誌社に記事作成を依頼したといいます。懸賞金も300万円に設定していました。
しかし、岡山県警は小池容疑者の遺体を目の前にしても、指紋の照合を行わず、身元の確認も徹底していませんでした。徳島県警との温度差はあったでしょうが、これはそういう問題ではありません。
同居女性でさえ本名を知らない状況というのは、完全に怪しいわけです。「小笠原準一」と名乗っていたこの男は本当は誰なのか、岡山県警は調べる義務があったと思います。

 

小池俊一2年後
39歳当時(左)と41歳当時(右)の小池容疑者

指名手配写真が役に立たなかったことについては、これは仕方ないですね。上記写真では左が39歳当時で、右が41歳当時の小池容疑者です。

 
たった2年でこれだけ違うのですから、11年も経てば想像の範囲を超えた変化があっても、仕方ありません。同じ人間だと知ったうえで見て、やっと「そう言われれば、目元がなんとなく・・・」といった程度です。
しかも彼はちゃんと住む家があり、きちんとした服を着て、堂々と近所を歩いていました。これで見破る人がいたら、それはもう超能力です。

 

証言では、小池は年齢よりかなり老け込んで見えたそうです。逃亡生活というのはすごいストレスがかかると聞いたことがあります。堂々と生活しているように見えても、常にストレスが体を蝕んだ可能性はあるでしょう。
小池容疑者については、テレビで何度も取り上げられているので、それを自身で見るたびにダメージがあったかもしれません。
ストレスが心臓に悪いというのは、医学的にも証明されています。そして小池は52歳という若さで、心臓疾患で死んでいます。
やはり、因果応報ということでしょうか。

同居女性は小池が名前を教えないので、勝手に「小笠原準一」と呼んでいたそうです。
「小笠原準一」と「小池俊一」両端だけ残すと、

 
笠原準
池俊

 

なんか、似てます。本当は気付いていたのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました