スポンサーリンク
スポンサーリンク

富山・長野連続女性誘拐殺人事件|赤いフェアレディZの女

日本の凶悪事件
スポンサーリンク

富山・長野連続女性誘拐殺人事件

1980年、富山県・長野県で若い女性2人が相次いで失踪する事件が発生した。
犯人は宮崎知子、身代金目的で被害者を言葉巧みに誘い、赤いフェアレディZに乗せて誘拐していた。そして、睡眠薬で眠らせて殺害、そのうえで身代金を奪おうと計画するも失敗。
彼女は逮捕され、裁判では犯行を否認して愛人の男に罪を着せようとするが、これも失敗、結局、死刑判決が下された。

スポンサーリンク

事件データ

犯人宮崎知子(当時34歳)
事件種別連続殺人事件
発生日1980年2月25日、3月5日
発生場所富山県・長野県
被害者数女性2人
判決死刑:名古屋拘置所に収監中
動機身代金目的
キーワード誘拐、赤いフェアレディZ
スポンサーリンク

事件の経緯

愛人と共同で始めた事業もうまくいかず、借金の返済に窮していた宮崎知子は、身代金目的の誘拐を計画する。若者をターゲットにし、顔を見られることは避けられないので誘拐した後は殺害するつもりだった。

1980年2月11日および19日には、金沢・富山で20代の若い男性をドライブに誘い出すことに成功したが、犯行を実行できずに断念している。そのためターゲットは男性よりも女性がいいと考え、若い女性の物色を開始する。

スポンサーリンク

富山事件

富山・長野連続女性誘拐殺人事件
富山ステーションデパート跡地(駅前の広い駐車場

1980年2月23日午後7時15分頃、宮崎知子(当時34歳)は富山駅近辺で、身代金目的で誘拐できそうな、若い女性を物色していた。

富山県八尾町の県立八尾高校3年・長岡陽子さん(18歳) は、そんな宮崎の目に留まった。彼女は、春から進学予定の金沢市の調理師専門学校の下見に、友人と行った帰りだった。バス待ちのため、富山ステーションデパートで時間をつぶしていた陽子さんに、宮崎は声をかけた。

宮崎は「いいアルバイトがある」などと、言葉巧みに陽子さんを食事に誘った。「遅くなったら車で送る」と約束された陽子さんは了承し、2人でレストラン「銀鱗 豊田店」に行った。食事をしながら宮崎は、アルバイトの話で彼女の気を引きながら、身代金要求に必要な情報をうまく聞き出した。
その後、自宅に送り届ける素振りを見せつつも、”アルバイト先”と説明した、自身が経営するギフト店北陸企画)に寄り道した。
結局、その日は遅くなったので、陽子さんは北陸企画の事務所に泊まることになった。

翌24日、陽子さんは家族に電話をして、「アルバイトに誘われて、その事務所にいる」ことを話した。宮崎はこの日、息子の授業参観などで忙しそうで、この日も彼女は事務所に泊まることになった。結局、陽子さんが事務所を出たのは、事務所に着いてから2日後の25日。陽子さんは昼頃に、これから帰るという報告と、その事務所が「北陸企画」という会社であることを、電話で親に伝えている。

家に送ると見せかけ・・・

夕方ごろ、2人は赤いフェアレディZに乗り込み、”家に送っていく”という名目で車を走らせた。しかし宮崎には、彼女を送り届ける気など毛頭なかった。

午後4時頃、宮崎は公衆電話から陽子さん宅に身代金要求の電話をかける。ところが両親は不在で、電話に出たのは陽子さんの祖父だった。そのため、宮崎は陽子さんの母親の勤務先へ電話を試みるも、電話番号を聞き誤ったため果たせなかった。

宮崎は、家に送ると見せかけながら車を走らせ、その道中、陽子さんに睡眠薬を服用させることに成功する。睡眠薬は、前日に近所の薬局で手に入れていた。
そして深夜、停車中の車内で寝ている陽子さんの首を絞めて殺害。遺体は岐阜県吉城郡古川町の戸市川の縁に遺棄した。

翌26日、宮崎は陽子さんのハイヒール・バッグなどの遺留品を公園に捨てた。この日、陽子さんが帰らないことを心配した両親が、北陸企画を訪れたが、応対した宮崎は無関係を装っている。両親は、派出所で事情を話し、宮崎も呼び出されて話をしたが、彼女はここでも無関係を主張した。

27日午前10時過ぎ、身代金を要求するため、再度公衆電話から陽子さん宅へ電話。しかし、今回も祖父が出たため、「午前11時に富山市内のレストランに父親が来るように」と伝言した。娘の失踪と関係があると判断した父親らは、指定場所で待機した。しかし、宮崎は「どうせ、父親に話が伝わってないだろう」と考え、指定場所に行かなかった。

スポンサーリンク

長野事件

富山・長野連続女性誘拐殺人事件
声をかけたのは長野駅近くの人目に付く通りだった

宮崎は、3月4日も長野駅周辺で次のターゲットを探し、女子高生や短大生に声をかけているが、うまくいかなかった。

しかし翌5日の午後6時30分頃、長野市南長野石堂町「千石前」バス停で、帰宅のバス待ちをしていた信用金庫勤務・寺沢由美子さん(当時20歳)を言葉巧みに食事に誘い、フェアレディZに乗せることに成功する。

誘拐” などとは考えもしない由美子さんは、食事をするなどして数時間のあいだ、宮崎と行動をともにした。やがて宮崎は「遅くなって疲れた。明日の出勤までには必ず送る」との口実で彼女を車中泊させ、缶ジュースと睡眠薬を飲ませた。
そして翌6日早朝、長野県青木村に停車したフェアレディZの車内で、由美子さんを絞殺、遺体を山中に遺棄した。

宮崎は6日から7日にかけ、由美子さんの家族に身代金を要求する電話を7回もかけた。そして、「明日(7日)の朝10時、長野駅に3000万円持ってこい」と指示した。
家族は警察に通報、これを受けて長野県警は、7日朝に特別捜査本部を設置する。

7日午前10時、長野駅の構内放送で家族が呼び出される。宮崎からの電話だった。家族が10万円しか用意できなかったことを話すと、宮崎は怒って12時まで待つと言い、自宅で電話連絡を待つよう指示した。

そして、昼過ぎに宮崎から電話が入った。
宮崎の指示は、「2000万円を持って午後2時に長野駅に来い。そして午後4時38分発の列車に乗って、高崎駅で降りて待て」というものだったが、警察が張り込んでいることに気づいた宮崎は、危険を察知して現れなかった。

2つの事件では、どちらも犯人から電話があり、それはテープに録音されていた。警察はこの電話音声を鑑定した結果、同一人物であると認定、2つの事件は同一犯の犯行と断定した。

さらに、どちらの事件もサングラスをした女が赤いフェアレディZを運転しているのを目撃されていた。

スポンサーリンク

事件発覚

富山・長野連続女性誘拐殺人事件

3月6日、戸市川に釣りに来ていた男性らが女性の遺体を発見、翌日、陽子さんの遺体との確認がされた。

陽子さんは、2月25日に家族に対し、富山市内の「北陸企画」にいると電話で伝えていた。このことから警察は3月8日~10日までの間、経営者の宮崎知子と彼女の愛人・北野宏に対し、任意出頭を求めて事情聴取を行った。2人は取り調べで、陽子さんとの面識を全面的に否定富山警察署は3月10日に捜査本部を設置して捜査を開始した。

その結果、宮崎と陽子さんらしき人物が2月25日夜、死体遺棄現場近辺で目撃されていたことが判明。ほかにも、北陸企画の玄関ガラス戸から陽子さんの指紋が検出され、さらには所有のフェアレディZ車内から陽子さんの毛髪が発見されるなどの進展があった。

3月30日、取り調べにおいて宮崎は、陽子さん殺害を自供したため逮捕となった。続いて由美子さんの殺害についても自供。この件については、当時交際していた愛人・北野宏(当時28歳)との共謀だったと供述している。

富山事件の逮捕から3日後の4月2日、長野県青木村の林道の崖下に死体らしきものがあるのを、通りかかった男性が発見、それが由美子さんのものであると確認された。

宮崎と北野は、4月21日、富山事件についても逮捕され、本格的な取り調べが始まった。

犯人・宮崎知子の生い立ち

富山・長野連続女性誘拐殺人事件/宮崎知子

宮崎知子は、1946年2月14日、富山県上新川郡月岡村上千俵(現:富山市上千俵)で生まれた。
両親は内縁関係にあり、宮崎は長女だったが、中学2年になるまで父親から認知されなかった。父親は自転車店を経営、母親はその店の一角で傘の修理業をしていた。

複雑な家庭環境で育った宮崎ではあるが、富山市立月岡中学校時代までは学年トップクラスの成績だった。しかし中学校になった頃から、てんかんの発作を起こすようになり、睡眠薬を常用するようになっている。性格は内向的で親しい友人もなかったが、このころから虚言癖が表れはじめた。

1961年4月、富山県立富山女子高等学校に入学、1964年3月に同校を卒業。高校では水泳部に所属していた。「親元を離れて生活したい」との希望から、東京経済大学を受験して合格したが、両親に反対され大学進学は断念。そのため、富山県内で生命保険会社の事務員として勤務している。

その後、埼玉県にいた姉を頼って上京。埼玉県上尾市に転居し、化粧品会社の美容部員として働いた。1967年頃に4歳年上の自動車セールスマンの男性と知り合い、1969年8月6日に結婚。12月7日には長男を出産している。

宮崎は、1972年に卵巣嚢腫・子宮筋腫の手術で入院している。その入院中、夫が浮気したため別居、長男と富山市上千俵の両親宅で暮らすようになり、1974年8月14日に離婚。11月には、腸癒着性腹壁ヘルニアで手術している。
翌1975年1月に父が死去。それ以降、前夫からの送金と母親の収入に頼る生活となる。

スポンサーリンク

北野宏との出会い

1977年9月15日、宮崎は売春するようになったが、その客になったことがある北野宏(当時28歳)と交際するようになった。北野は電気工として働いており、すでに結婚して妻がいた。1978年、宮崎と北野は100万円ずつ出資してギフト店の経営(北陸企画)を始めるも、すぐに経営難に陥り、サラ金に手を出して数千万円の借金を負ってしまう。

そこで、宮崎はかつて勤務した保険会社で得た知識を悪用し、結婚相談所で紹介された男性をターゲットにして保険金殺人を企てた。男性を海岸に誘い出し、麻酔薬をかがせたが未遂に終わっている。

やがて、返すあてのない借金をしてフェアレディZを購入する。
このころから誘拐で大金を得ることを考え始める。1980年2月11日、2月19日には若い男を誘ってフェアレディZに乗せたが、うまくいかなかったのでターゲットを若い女性に変更する。そして2月25日、ついに実行するに至った。

スポンサーリンク

2つの保険金殺人未遂

結婚相談所を介して交際したことのある男性Aを保険金殺人の標的にする計画を練った。1979年3月、宮崎は男性Aに頼んで災害死亡時5000万円の生命保険に加入させる。そのうえで5月頃、山菜採りの名目で男性Aを富山県中新川郡上市町の山中へ誘い出し、崖から転落死させようと考えたが、適当な場所を見つけられず、計画は断念した。

さらに8月には、近所の薬局でクロロホルム液を購入して、これを使用した保険金殺人を目論んだが、これも失敗している。この時は「乱交パーティーの練習をする」との口実で、富山市岩瀬浜付近の海岸に男性Aを誘い出し、クロロホルムを吸わせて海中で溺死させようとした。しかしクロロホルムが効かず、未遂に終わっている。

スポンサーリンク

死刑囚同士の獄中結婚

彼女は死刑囚として収監されるようになった以降の1998年7月、今市4人殺傷事件で死刑判決を受けた藤波芳夫獄中結婚していた。

死刑囚同士の獄中結婚は、過去にこの一例しかない。結婚中は苗字が変わっていたが、2006年の藤波芳夫の死刑執行により、再び元の苗字に戻っている。

スポンサーリンク

事件はドラマ化された

富山・長野連続女性誘拐殺人事件・TVドラマ
玉置浩二(北野役)と室井滋(宮崎役)
富山・長野連続女性誘拐殺人事件・ドラマ
事件のドラマ化

ドラマ「実録犯罪史シリーズ “最期のドライブ” 富山長野女子高生・OL連続誘拐殺人事件」
1992年6月26日、日本テレビ系列でこの事件をもとにしたドラマが放送された。

スポンサーリンク

大胆で杜撰な性格?

この事件を振り返ってみると、宮崎知子の行動は大胆杜撰だと感じます。
全体的に計画性がなく、行き当たりばったり、そのくせ思い切った大胆な行動が目立ちます。

筆者がそう思った点を、ちょっと箇条書きにしてみます。

  • 簡単に事業を始めて失敗
  • 返すあてがないのに借金
  • すでに借金があるのに高級車フェアレディZを購入
  • 目立つ場所で被害者に声を掛けている
  • 犯行に目を引く赤いフェアレディZを使用
  • 身代金要求の電話も時間を選ばず失敗

さらに驚いたのは、2月26日に陽子さん両親が事務所に訪問してきて対面したばかりなのに、翌日その両親に対して身代金要求の電話をしていることです。普通ならバレるのを警戒して、しばらくおとなしくするか、断念するのではないでしょうか?
しかも女性の誘拐犯は珍しいので、「昨日会った女じゃないのか?」と疑われる可能性は高いです。

公判では否認に転じた

富山事件において、宮崎は当初、陽子さんを誘拐した事実を認めていたが、公判段階になって否認に転じ、次のような弁解をしている。

  • 2月12日頃に「レストラン銀鱗」で、陽子さんを北野から初めて紹介された。
  • 2月23日午後6時、北野から頼まれて陽子さんを富山駅に迎えに行き、事務所に連れて行った。
  • 陽子さんは北野が紹介した売春アルバイトをしていたと思っていた。その期間中、陽子さんの世話をしていただけで、事務所に引き留めたことも、自宅に送ってやると言ったこともない。
  • 自分は陽子さんを誘拐しておらず、彼女はいつでも帰宅できる状態だった。
  • 25日午後11時30分頃、事務所で北野に陽子さんを託し自分は帰宅した。翌26日午前4時前に北野から電話で北陸企画に呼び出され、殺害、死体遺棄の事実を告げられた。

長野事件においても、宮崎は北野の関与についての自供を二転三転させている。
当初は殺害を認めたものの、4月1日~11日までは否認に転じ、12日には再度認めている。
最終的には、誘拐した由美子さんを睡眠薬で眠らせたのは自分だが、その後合流した北野が由美子さんを殺害、2人で死体を遺棄したと供述している。

しかし北野は、別の場所での目撃証言があった。さらに、3月5日午後11時30分から翌6日午前0時55分まで視聴していたテレビ番組について、内容を正確に述べていることから殺害に加担していないと認められている

スポンサーリンク

第一審

逮捕前後の2人の供述などを証拠として、検察は2人を身代金目的誘拐罪殺人罪などで起訴した。

1980年5月13日、富山地裁で初公判が行われた。検察側は冒頭陳述で「富山・長野の両事件とも両被告が身代金目的の誘拐を事前共謀し、誘拐を宮崎知子、殺害は北野宏、死体遺棄は両被告が実行した」とし、「北野が犯行を主導し、宮崎が従った」と主張した。

罪状認否で、宮崎は誘拐を否認。北野は「誘拐殺人などは全く知らない」として無罪を主張した。

1985年3月6日、長野事件について北野のアリバイを認め、検察側は冒頭陳述の内容を変更。
「両被告は事前共謀をしたが、誘拐、殺害、死体遺棄、身代金要求の実行行為はすべて宮崎が行った」としてこれまでの主張の構図を一転させ、「主導者は宮崎で、北野は共謀共同正犯」とした。

1987年4月30日、検察は宮崎に死刑、北野に無期懲役を求刑した。
宮崎は「富山事件は北野の単独犯行。長野事件では誘拐、死体遺棄、身代金要求は行ったが、殺害は北野が1人でやった」と北野主導説を主張。一方、北野は宮崎単独犯説を述べ、これまでどおり無罪を主張した。

1988年2月9日、判決が言い渡され、宮崎は死刑となった。

一方、北野については
・富山事件で、犯行前後に2人が頻繁に電話連絡している
・長野事件で、身代金受け渡し現場に2人が一緒に来ている
ことについて「宮崎から嘘の儲け話を聞かされて、そのためだと信じて行動を共にしていた。事件には全く気づかなかった」とする北野の証言を真実性が高いと判断。実行も共謀も行っていないとして、北野に無罪を言い渡した
検察は北野について控訴、宮崎は自身について控訴した。

スポンサーリンク

宮崎は死刑、北野は無罪

控訴審
1992年3月31日、名古屋高裁が、検察と宮崎の控訴を棄却した。
宮崎は上告したが、検察は上告せず、北野の無罪が確定した。

上告審】1998年9月4日、最高裁で上告棄却、宮崎の死刑が確定した。
宮崎は女性死刑囚としては、戦後7人目となった。

宮崎知子は2021年6月現在、死刑囚として、名古屋拘置所に収監中である。
宮崎はこれまで5度にわたって再審請求を行っているが、すべて棄却されている。

スポンサーリンク

知らない人の車は危険

知らない30代女性からいきなりお茶や食事、アルバイトを誘われる状況というのは、あまりないと思います。今ほど危機感がなく、宮崎が女性であったことなどから、警戒心が薄くなっていたのでしょうか?

 

事件をくわしく見ていると、宮崎はかなり自分本位で強引な性格に感じます。若い女性には断りにくい感じだった可能性はあります。

どうしても断れなかったなら、せめて相手の車に乗らなければよかったと思います。車に乗ってしまうと、相手のペースになってしまいます。自分の行動の自由も奪われるし、どこか変なところに連れて行かれたらどうしようもありません。
 
食事の誘いは徒歩圏内に限るとか、終わったら電車で帰るとかすれば事件には巻き込まれなかったでしょう。そう思うと、本当に悔やまれる事件です。

 

女性だからといって油断してはいけません。
久留米看護師連続保険金殺人事件吉田純子は、最初は親切に相談に乗るふりをして信頼を勝ち取り、最後には友人たちを次々と洗脳していきました。そのせいで彼女たちは自分の夫の殺害をさせられています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました