スポンサーリンク
スポンサーリンク

今市4人殺傷事件|昭和にもあったストーカー殺人事件!

藤波芳夫日本の凶悪事件
スポンサーリンク

今市4人殺傷事件

1981年3月29日に栃木県で発生した強盗殺人事件。
犯人の藤波芳夫は、自身の暴力などが原因で妻と離婚していた。しかし、別れた元妻をあきらめられず、執拗に居場所を探ろうとする。
当然、親族は居場所を教えず、それを逆恨みした藤波は、2人を殺害、2人を負傷させた。
ストーカー」という言葉もなかった昭和に起きた、ストーカー殺人事件

スポンサーリンク

事件データ

犯人藤波芳夫(逮捕時49)
事件種別強盗殺人事件
発生日1981年3月29日
場所栃木県今市市大室(現:日光市大室)
被害者数2人殺害、2人負傷
判決死刑・2006年12月25日執行(75歳没)
動機前妻の居場所を教えないことへの恨み
キーワード先妻への執着
スポンサーリンク

事件の詳細

藤波芳夫は地元の高等学校を卒業後、家業の農業を手伝ったり野菜の行商を行ったりしていた。
1974年に女性A(当時32歳)と結婚し、足利市内のパチンコ店に勤務していた。
このころになって覚せい剤に手を出すようになり、各地を転々としたのち、栃木県内で逮捕され懲役刑となる。
1979年2月に刑務所を出所したが、仕事はあまりせず親戚・知人からの借金や無心を繰り返す毎日だった。

藤波は妻への暴力、嫉妬や妄想がひどく、耐えられなくなった妻は1980年6月に協議にて離婚した。
だが藤波は元妻をあきらめきれず、よりを戻そうとしたものの元妻本人は拒否、元妻の親族にも反対されている。
何度も元妻方へ脅迫じみた電話をかけ、1981年1月には、元義兄(当時38歳)宅を訪れて居場所を探ろうとしている。しかし当然ながら、元義兄は教えることはなかった。

1981年3月29日午後3時30分頃、居場所を教えないことに怒った藤波は、酔った勢いで元妻の実家を訪れた。ところが元義兄は、春休み中の2人の息子を連れて神奈川県藤沢市の親類の家へ行っていて不在だった。
家に残っていた元義兄の妻は、ひとりでは寂しいからと近所に住む姪2人(16歳と10歳)を家に呼んでいた。
藤波はテレビを見ていた姪2人に対し、登山ナイフで切りつけた
16歳の姪は左胸部などを刺され重傷、10歳の姪も背中に1か月の怪我を負った。

そのあと藤波は乗ってきた車で同家に突っ込み、駆け付けた元義兄の妻と言い争いになった。
そこへ親類の男性(当時56歳)が駆け付けた。
藤波は元義兄の妻親類の男性に襲い掛かり、ナイフで2人の胸や腹などを刺して失血死させた。
騒ぎを聞いて、現場には近所の人が集まってきた。そのうちの1人が、オレンジ色の農業用ビニールシートから人の足が出ているのを発見した。
めくってみると、そこには背中から血を流している親類の男性の遺体があった。
さらに5mほど離れた場所の青いビニールシートの下に、倒れている元義兄の妻の遺体を発見した。

スポンサーリンク

逮捕までの流れ

連絡を受けた今市警察署は藤波の行方を追った
そして犯行から1時間後の午後5時頃、現場から約6km離れた道路を運転している藤波を、検問中の今市署員が発見した。
職務質問を受けた藤波は、持っていた刃物で左手首を切り自殺を図ったが、命に別条はなかった。当初、藤波は犯行を否認していたが、午後7時過ぎになって認め、緊急逮捕された。

藤波の車から元義兄の妻の指輪や真珠のネックレス、カメラなどが出てきたため、30日、容疑を強盗殺人、同未遂に切り替えた。

スポンサーリンク

公判 ~ 判決

スポンサーリンク

第一審

弁護側は「被告人は犯行の2日前まで覚せい剤を常用しており、犯行当時の直前に飲んだ酒とパトカーのサイレンを聞いたことから覚せい剤の再燃現象が起こり、頭がしびれたような状態だった。犯行後、われにかえったものの殺意、強盗の意思はなかった。犯行はすべて覚せい剤によるもので、覚せい剤の再燃現象がなければ事件は起きなかった」と主張していた。

1982年2月19日午前10時10分より、判決公判が宇都宮地方裁判所で開かれた。

判決の全文言い渡しは10時40分からあった。
竹田裁判長は判決の言い渡し前に「長くなるので……」と藤波を座らせた上で、まず藤波の生い立ちに言及した。
そして、少年のころから常に覚せい剤が付きまとい、ギャンブルや盗みなどで11回の有罪判決を受けたこと、覚せい剤の生んだ妄想から妻に浮気の疑いをかけ責め抜いたこと、離婚後は親族が2人の間を裂こうとしていると思い込み、逆恨みするという犯行までの態度を、「反社会的、反倫理的」と指摘した。

弁護側の「覚せい剤中毒の再燃現象下にあり責任能力はなかった」との主張について、裁判長はそれを認めたうえで「被告人は事件を良く記憶しており、逃走しやすいように車の向きをかえたり、刺殺した2人の上にシートをかぶせるなどしており、仮に再燃現象下でも善悪を判断する能力はあった」と退けた。

覚せい剤中毒の再燃現象

覚せい剤の乱用をやめ、普通 の生活に戻ったようでも、不眠やほんの小さなストレスがきっかけで突然、幻覚被害妄想などの症状が再燃することがある。
これを「フラッシュバック自然再燃)」 現象と言い、覚せい剤でよくみられる症状である。
治療して治ったようにみえても「フラッシュバック」は起こる。

また以下の判断材料もあげている。

  • 十数年前から覚せい剤の慢性中毒でも、このような凶行はなかった
  • 覚せい剤自体、社会的に非難されるべきもの
  • これまでに、覚せい剤を断ち切る機会は十分あった
  • 覚せい剤のために事件を起こしたことが、被告人に有利な材料として到底考慮できない

そして「被告人の逆恨みから別れた妻の親類を皆殺しにしようと企て、さらに金品を強取した行為は、冷酷で悪質極まりない」「凄惨で残虐非道、凶悪極まりない犯行で同情すべき余地は全くない」とした。
そして、「被害者・被告人双方の生命の尊厳について、あらゆる角度から慎重に検討したが、極刑をもって罪を償うのが相当である」と述べ、藤波に死刑を言い渡した。その時傍聴席の遺族からは、小さく拍手が起き、藤波の顔は震えていたという。

藤波は控訴したが、1987年11月11日に東京高等裁判所がこれを棄却、1993年9月9日に最高裁が上告を棄却したため、死刑が確定した。

死刑確定後の藤波芳夫

藤波芳夫は、2006年12月25日に収監先の東京拘置所で死刑を執行された(75歳没)。
この日は、他に広島タクシー運転手連続殺人事件日高広明など3人の死刑が同時に執行されている。4人同時の死刑執行は1997年8月以来のことだった。

9時20分、藤波は車椅子で、笑顔を浮べながら礼拝所へ入ってきたという。
藤波は「先生、わたしは大丈夫ですから…。わたしはイエスのもとに還るのですから」と言い、かえって教誨師を気遣っていた。そして教誨師が聖書を読み、ともに祈った。この間、15分間だった。

その後、手錠を掛けられ目隠しをされた藤波は「わたしは取り返しのつかないことをしてしまいました。被害者にお詫びします。キリストに出会えて本当によかったと思います」と言い、さらに教誨師のほうを向いて、「イエスさまにお会いしたら、先生がいつまでも牧師の務めを果たせるようにお伝えします」と言った。
そして車椅子から降ろされ、看守に両脇を支えられて処刑された。

教誨師は看守たちに「処刑は国家の罪」と述べ、検察官、矯正局長、拘置所長に向って「12月25日の処刑はキリスト教を馬鹿にしている」「75歳の老人を何故このような仕方で殺すのか。病気で自然に死なせてあげればいいではないか」と抗議した。

スポンサーリンク

遺書を残した藤波芳夫

藤波は遺書を残している。

遺書は「死刑執行の告知がありました。これも神の御配慮と思い、心を確かに身を慎んで神の国とその喜びの中に入る事が出来るよう、導いて下さると信じております」と書き出され、「人を赦す度量の欠けている者は、愛する力にも欠けていると思う。(中略)殺人という大罪を犯した人間には矯正不可能とか反省をしてないと言うが、何を根拠とするものだろう。不可能か可能かは生かして見なければわからないと思う。大罪を犯した人間程、罪に苦しみ後悔と懺悔の日々を送っている、と私は思っている。私も尊いかけがえのないお2人の命を奪ってしまい、その苦しみが故に神の愛を求めた」と死刑を非難し、末尾の部分には「法相に抗議 被告人は立つ事も出来ず一歩も歩く事が出来ず 病舎処遇だからです」と書き記されている。

犯人・藤波芳夫の生い立ち

藤波芳夫は1931年5月15日、埼玉県北足立郡鴻巣町逆川(現:鴻巣市逆川)に生まれた。
1950年~1979年にかけ、賭博、窃盗、暴行、風俗営業取締法違反、恐喝、覚せい剤取締法違反、傷害、わいせつ文書等所持の前科11犯(うち累犯前科2犯)を重ねていた。
1974年に結婚するが、暴力や妄想による嫉妬に耐えかねた妻に逃げられ離婚する。

1981年3月29日、49歳の時に本事件を起こし、1993年9月9日 死刑確定

獄中ではキリスト教に入信している。
また、同じく死刑囚である宮﨑知子富山・長野連続女性誘拐殺人事件)と獄中結婚している。
死刑囚同士の結婚は大変珍しい。
2006年12月25日 死刑執行(75歳没)。

スポンサーリンク

この事件の問題点

このタイプの犯罪は、昔から意外と多いです。

現代ではストーカー殺人といわれてる種類のものです。

妻や恋人が逃げたのは自分のせいなのに、自分では何も改善しないまま強引によりを戻そうとします。
ストーカーは相手の気持ちなど全く意に介せず、駄々っ子のように相手を取り戻そうとするのでたちが悪いです。

藤波の場合、覚せい剤の影響もあったでしょうが、本人がそもそも反社会的人格障害かもしれません。前科11犯というのはなかなかのものです。
「平成19年版 犯罪白書のあらまし」によると、全犯罪者のうち前科10犯以上の割合は0.8%でした。近づいてはいけないタイプの人間です。

スポンサーリンク

まとめ

こういう犯罪に巻き込まれない方法はただひとつ、ストーカー気質の男と付き合わないことです。

とはいえ、知り合った当初はすごく優しい人に見えることもあります。デートの後、家に着くまで何度も連絡をくれると「自分のことが好きで、大事にしてくれてる」ように感じるでしょう。でも、仕事終わりにスマホを見たとき、用もないのにLINEが何十回も来ていたり、友達と遊んでいるのに何度も様子を聞いてくる、などが頻繁な場合は注意が必要です。何度も連絡してくるのは、心配だからではなく行動を把握しようとしているだけかもしれません。
 

ストーカー男は、相手の行動をすべて把握して管理したがります。嫉妬深いのでほかの男と会ってないかを常に気にしているのです。

誰かと付き合おうと思ったときは、様子を見る期間を作ったほうが無難です。初めから恋人としてではなく、友だち以上恋人未満の関係を上手に保ちつつ、いつでも逃げられるようにしておくのがベストです。
 

そんな大げさなと思うかもしれませんが、実はストーカー殺人は思った以上に多いのです。

 

 

運よく殺人までは至らなかった事件なら数知れないでしょう。

また、ストーカー男はDVなどの虐待も多く、それが別れるきっかけにもなっています。危険を感じたら、すぐに警察に相談することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました