逗子ストーカー殺人事件|ゾッとする執念深さ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
小堤英統日本の凶悪事件

逗子ストーカー殺人事件

2012年11月6日、神奈川県逗子市でストーカー殺人事件が発生。犯人の小堤英統(当時40歳)は、元交際女性に対し、度重なる悪質なストーカー行為の果てに女性を殺害、そして自身も自殺した。
この事件では、ストーカー被害が把握されていたにも関わらず、事件を防止できなかったことや、警察や行政による被害者の個人情報漏洩が問題視された。
また、この事件を受けて「ストーカー規制法の不備」が指摘され、同法の改正につながった。

警視庁|ストーカー規制法が改正されました!

 

事件データ

犯人小堤英統(当時40歳)
読み:こづつみ ひでと
事件種別ストーカー殺人事件
犯行日2012年11月6日(犯人の誕生日)
場所神奈川県逗子
被害者女性1人(元交際相手)
判決容疑者自殺のため不起訴
動機ふられた恨み
キーワードYahoo!知恵袋、探偵、個人情報の漏洩

事件の経緯

被害者の三好梨絵さん

2004年、柴田梨絵さん(当時25歳)さんは、世田谷区のバトミントン教室で小堤英統(当時32歳)と知り合い、2人は交際を始めた。

当時、小堤は都内の私立女子高で社会科の非常勤教師をしていたが、「バトミントン部の手伝いもする、生徒に慕われる人気者」だったという。交際は2年ほど続き、一時期は結婚の約束もしていたが、2006年に梨絵さんから別れを切り出し2人の関係は終わった。

それから2年後の2008年夏、梨絵さんは別の男性と結婚、「三好」姓となり逗子市に転居した。彼女は新婚生活の幸せな様子をfacebookに投稿していた。これを見た小堤は、梨絵さんが結婚したことを知る。

小堤のなかで、異常な嫉妬心が渦巻きだした。

ストーカー行為が始まった

2010年4月頃、梨絵さんのもとに小堤からの嫌がらせメールが届くようになる。内容は「お前だけ幸せになるのは許さない」などの恨み言だった。

2010年12月頃、梨絵さんは神奈川県警逗子警察署に嫌がらせメールの相談をした。逗子署はこの時、小堤に対して家族を通じて注意をした。これにより、小堤の嫌がらせメールは一旦止まった。

このころ小堤は、うつ病を発症。彼はどこかの山岳地帯で自殺未遂を起こし、ヘリコプターで救助される騒動を起こしている。その後、小堤は精神病院に入院した。

嫌がらせメールも来なくなり、安心していた矢先のことだった。2011年4月頃から、再びメールが届くようになったのだ。しかも内容は、嫌がらせを超えて ”脅し” だった。「刺し殺す」などの脅迫メールが、1日に80~100通も送りつけられるようになったのだ。

梨絵さんは、再び逗子署に相談した。

Google Nest Cam (屋内、屋外対応 / バッテリー式) ホワイト GA01317-JP
Google Nest Cam (屋内、屋外対応 / バッテリー式) ホワイト GA01317-JP

小堤、脅迫容疑で逮捕

これを受けて逗子署は2011年6月、小堤を脅迫の容疑で逮捕。小堤は起訴され、2011年9月に懲役1年(執行猶予3年)の有罪判決が下された。念のために同月、梨絵さんの家に防犯カメラが設置された。

しかし、この逮捕劇で警察は致命的な失敗を犯す。警察は逮捕の際、梨絵さんの住所の一部「逗子市小坪6丁目」を2度も読み上げてしまったのだ。この大きなミスにより、ストーカー加害者に一番知られてはいけない「被害者の住所」の大半を教えてしまうこととなった。

小堤は、読み上げられた住所を覚えてしまっていた。番地がなくても、梨絵さんの正確な住所を知るための大きな手がかりとなったのはいうまでもなかった。

恐ろしい執念深さ

有罪判決を受けても、小堤はストーカー行為をやめなかった。彼はインターネットのYahoo!知恵袋などを使って、執拗に梨絵さんの情報を調査し続けた。

Yahoo!知恵袋

小堤はYahoo!知恵袋で複数のアカウントを使用し、約400件にもわたって以下のような質問をしていた。これは殺害のための準備とみられている。

  • 梨絵さんの居場所を探る質問
  • パソコン・携帯電話の発信による個人情報収集に関する質問
  • 刑法等の法律解釈に関する質問
  • 凶器に関する質問
小堤が実際に投稿した質問文

「お世話になった人探しをしています。だいたいの住所はわかるのですが、番地などが分かりません。会ってお礼をしたいのですが、いかんせん住所が分からないのでお礼ができません。何か住所を特定できる方法はないでしょうか?ちなみに相手の携帯電話の番号が変わってしまったため、携帯電話などで相手から住所を聞くことができません。このような場合、やっぱり探偵などに依頼するしかないのでしょうか?」

「犯罪について質問です。例えば、殺人事件を犯した犯人が、逮捕される前に自殺してしまった場合、その後の事件の処理はどうなるのですか?自殺してしまったので起訴もできないでしょうか
ら…。ふっと疑問に思ったので質問してみました。宜しくお願いします。」

嫌がらせメールも大量に届いた。2012年3月~4月にかけての、わずか20日間に、小堤は「精神的慰謝料を払え、婚約不履行だ」という内容の嫌がらせメールを計1089通も送りつけている。

しかし、当時の「ストーカー規制法」には電子メールに関する規定がなかったため、警察は動けなかった。また、嫌がらせメールの内容は「婚約不履行」や「慰謝料を支払え」というもので、脅迫に該当するかどうかは微妙だったのだ。

小堤は、過去に逮捕された失敗の経験から、警察に捜査されないやり方を見つけていた。そのため、警察が逮捕などに動く事はなかった。ただ、逗子署は度重なる梨絵さんからの相談を受け、自宅周辺を約半年の間に計146回パトロールし、近所の防犯カメラを増やすなどして警戒を強めていた。

ストーカー - 「普通の人」がなぜ豹変するのか (中公新書ラクレ)
1999年桶川ストーカー事件、2013年三鷹の女子高生殺害とリベンジポルノ事件、2016年小金井ライブハウスでの女子大生刺傷事件。ストーカーによる凶悪な犯罪がたびたび起きる一方、報道されない規模のストーカー被害も急増中で、2016年の警察への相談件数は2万件を超えている。 別れ話のもつれから、という古典的なストーカーだ...

その後、なぜか再びメールは来なくなった。
2012年7月25日、逗子署が梨絵さんに状況確認の電話をした時は、「メールは来ていないので大丈夫」と答えている。嫌がらせが収まっていたこともあり、梨絵さんは借りていた防犯カメラを返却した。

だが、小堤はあきらめたのではなかった。別の手段で ”梨絵さんの住所” を探ろうと動いていたのだ。それは「探偵事務所を使って、梨絵さんの居場所を突き止める」という方法だった。

ついに起こった殺人事件

小堤英統
事件直前、段ボール箱を持って買い物していた

そして2012年11月5日、小堤はついに梨絵さんの正確な住所を手に入れてしまう。探偵は違法な手段を使って、市役所から梨絵さんの個人情報を入手していた。(この探偵はのちに逮捕され、有罪となっている)

事件はその翌日、11月6日に起こった。この日は小堤の40歳の誕生日であった。
住所を手に入れた小堤は梨絵さん宅を訪れ、無施錠の1階窓から侵入。自宅にいた梨絵さんを刺殺した。遺体には切り傷や刺し傷が複数あり、死因は首を刺された事による失血死、死亡推定時刻は午後2時頃だった。

事件直前の付近のコンビニエンスストアの防犯カメラに、「段ボール箱を持って買い物をする小堤」が映っている。梨絵さん宅の玄関にその段ボール箱が放置されていたことから、小堤は宅配業者を装って犯行におよんだものと思われた。

殺害後、小堤は2階の出窓に紐をくくりつけて首を吊って自殺した。午後3時10分頃、通行人が死んでいる小堤を発見し、事件が発覚した。

2012年12月28日、事件は容疑者死亡として不起訴処分となった。

犯人・小堤英統の生い立ち

小堤英統

小堤英統は1973年11月6日生まれ、東京都世田谷区等々力に母親と住んでいた。

2004年にバトミントン教室で梨絵さんと知り合い交際を開始。当時は都内の私立女子高で社会科の非常勤教師をしていた。職場では評判も良く、人気もあったようだ。

婚約もして順調に見えた2人だったが、梨絵さんから別れを切り出し2人は別れる。交際期間は2年だった。小堤は梨絵さんに振られたことでうつ病を発症し、自殺未遂をしたあと精神病院に入院している。

その後、梨絵さんの結婚を知った小堤は「お前だけ幸せになるのは許さない」と執拗なストーカー行為を始めた。2011年9月、メールで脅迫を繰り返した小堤は、逮捕され有罪判決(懲役1年、執行猶予3年)を受ける。

このころから小堤は梨絵さん殺害の準備を始めている。複数アカウントを使いYahoo!知恵袋で情報を集め、最後は探偵を雇って梨絵さんの住所を手に入れた。
そして2012年11月6日、梨絵さんを殺害、その後、自分も首吊り自殺した。

小堤はこの日が自身の40歳の誕生日だった。

指摘された問題点

警察のミス

逗子警察署は、基本的には適切に対応していたようだが大きなミスを犯していた。それは小堤の逮捕の手順の中で、梨絵さんの改姓後の名前と住所の一部を2度も読み上げてしまったこと。

それが正しい手順なのかどうかは不明だが、ストーカーに1番教えてはいけない情報である。

これにより、小堤は梨絵さんの居場所を突き止めやすくなった。この大ヒントが得られなければ、この事件は防げた可能性が高い。ちなみに警察が読み上げた住所は「逗子市小坪6丁目」。ここまで絞ることができれば、かなり探す手がかりになったことは間違いなかった。

市役所のミス

警察で得た梨絵さんの個人情報をもとに、小堤は探偵事務所に調査を依頼。この探偵事務所はさらに下請けに流したが、この下請けが違法な手口で梨絵さんの居場所を突き止めた。

この下請けの探偵は事件の前日 、梨絵さんの夫になりすまし、逗子市役所納税課の職員から電話で梨絵さんの住所を聞き出している。職員は開示不可扱いの梨絵さんの個人情報を探偵に教えたのだ。

梨絵さんの夫は逗子市を相手に訴訟を起こし、横浜地裁は逗子市側の過失を認定して110万円の支払いを命じる判決を言い渡した。さらに違法に個人情報を入手した探偵には、懲役2年6か月(執行猶予5年)の判決が下った。

ストーカー規制法が改正された

本事件を受けストーカー規制法の改正案が2013年6月26日に衆議院で可決、成立した。主な改正点は以下のとおりである。

  • 電子メールの連続送信」を、つきまとい行為に追加
  • 被害者の住所地だけでなく、加害者の住所地などの警察も警告や禁止命令を出せるようにする
  • 警察が警告を出したら被害者に知らせ、警告しない場合は理由を書面で通知す

本事件で、被害者は異常な数の「脅迫・嫌がらせメール」を受けたが、改正前の規制法では取り締まることができなかった。この改正では「電子メールの連続送信」がつきまとい行為と認められるようになった。

ストーカー規制法は時代の変化に対応すべく、2016年、2021年にも改正されている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました