宮崎・高千穂6人殺人事件|真相を知る者は、全員死亡

スポンサーリンク
スポンサーリンク
宮崎・高千穂6人殺人事件日本の凶悪事件

宮崎・高千穂6人殺人

2018年11月25日、宮崎県高千穂町で一家5人惨殺される事件が起こった。その後、ひとり行方不明だった夫の飯干昌大の飛び降り自殺が判明する。
原因は昌大の不倫に端を発した夫婦喧嘩と思われるが、仲裁に訪れた知人も同様に殺害され、被害者は6人になった。
容疑者とみられる昌大は自殺、事情を知る家族・知人も全員殺害され、真相は闇の中となってしまった。

事件データ

容疑者飯干昌大まさひろ(42)自殺
容疑者死亡のまま書類送検
犯行種別大量殺人事件
犯行日2018年11月25日
場所宮崎県高千穂町押方
被害者数6人死亡(家族全員と知人)
動機夫婦間のトラブル
キーワード一家皆殺し

事件の経緯

2018年11月25日、この日は地域の消防団の忘年会が開かれ、所属の松岡史晃さん(44歳)も参加していた。午後1時頃から始まった忘年会は、休憩をはさみながらも長々と続き、お開きになったのは午後8時頃だった。

家に帰った松岡さんは、知人の飯干昌大まさひろ(42歳)に電話で呼び出された。用件は、昌大夫婦の喧嘩の仲裁だったと思われる。昌大は物静かな性格だったが、ため込んだものが爆発するように時々夫婦は大喧嘩となり、そのたびに松岡さんは仲裁に出向いていた。

松岡さんの妻は、夜9時という遅い時間だったため、行くのを止めたそうだが、困った人を放っておけない性格の松岡さんは、昌大宅に向かったという。

しかし松岡さんは、2度と帰宅することはなかった・・・

一家惨殺

翌26日朝、これまで無断欠勤がなかった昌大が、会社に連絡もなく休んでいた。会社から、昌大の携帯に何度かけても応答がない。妻の美紀子さんにかけても同じだった。

心配になったものの、会社から昌大の家までは1時間近くかかる。そこで昌大の弟に連絡をとり、弟は警察に様子を見に行ってもらえるよう依頼した。昼ごろになって警察から報告の電話があったが、その内容はとんでもないものだった。

宮崎・高千穂6人殺人事件
殺害現場となった飯干保生さん宅

昌大の家族は、一家全員惨殺されていたのだ。家の敷地内で遺体で見つかったのは、なんと6人

  • 昌大の父親・保生さん(72歳)
  • 昌大の母親・実穂子さん(66歳)
  • 妻・美紀子さん(41歳)
  • 長男・拓海さん(21歳)建設会社勤務
  • 長女・さん(7歳)
  • 喧嘩の仲裁に向かった松岡さん

しかし、昌大の姿は家のどこにもなかった。

警察は、昌大が6人を殺害して逃亡した可能性があるとして、周辺を捜索。その結果、約3キロ離れた神都高千穂大橋の下の川で、昌大の遺体が発見された。

神都高千穂大橋
神都高千穂大橋(水面からの高さは約115m)

会社の同僚たちは絶句した。なぜなら事件のあった25日は、会社の慰安旅行で、昌大夫婦と長女の3人が仲良く過ごしているところを見たばかりだったからだ。

午後3時半に解散するまではニコニコ楽しそうだった母子が、夜には惨殺されるなどとは想像もつかなかった。

遺体の状況

宮崎・高千穂6人殺人事件

被害者の遺体の状況から、妻・美紀子さんと長女・さんは絞殺とみられた。
他の4人については、凶器はナタとみられている。

父・保生さんは、頭部を切りつけられていた。その保生さんの布団の上に、長男・拓海さんが倒れ込んだ状態で亡くなっていた。これは、祖父を助けようとして殺害された可能性があるという。

母・実穂子さんの遺体だけは、唯一屋外で発見されている。遺体には激しい損傷があり、首が切断されていた。このことから、母親に対しては特に強い殺意がうかがえた

知人の松岡さんは、喧嘩の仲裁に訪れたばかりに事件に巻き込まれたとみられている。松岡さんについても頭部がほぼ切断された状態だった。

宮崎・高千穂6人殺人事件
飯干昌大の軽自動車が乗り捨てられた駐車場
宮崎・高千穂6人殺人事件

そして川で見つかった昌大は、飛び降り自殺の可能性が高く、6人の死亡に関わったとみられている。飛び降りた神都高千穂大橋の駐車場には、昌大の軽自動車が乗り捨ててあったが、遺書などは発見されていない。
橋から水面までは115mあり、これは30階建てのビルに相当する高さである。

真相は闇の中

宮崎・高千穂6人殺人事件
昌大の遺体の引き上げ作業

なぜ、このような悲惨な事件が起こったのか?
関係者全員が死亡しているため、事件の真相はわからない。しかし、いくつかの手がかりはあるようだ。

「昌大の不倫が原因」説

まず昌大夫婦の喧嘩については、数年前に昌大が起こした不倫が原因という見方がある。
普段は仲のいい夫婦で、昌大も妻の美紀子さんを大切にしていたという。数年前の会社の慰安旅行では、体調の悪い妻が長女と2人で行くように言ったが、昌大は「妻を残していけない」と旅行を欠席している。

もし不倫が事実だとしたら、された側の美紀子さんは払拭しきれず、時々不満が溜まって喧嘩に発展したのかもしれない。

「昌大の被害妄想」説

昌大の幼馴染の証言では、以前昌大から電話があった時「美紀子は許せん、うちの両親は美紀子のかたをもつ」などと怒っていたそうだ。しかしその後会った時は、長女が小学校にあがったことを嬉しそうに話すだけだった。

それが事件の3カ月ほど前に、偶然出くわした時には「美紀子が隠れて昔の男と会っていると、噂で聞いた」「俺はいつも仕事が終われば、まっすぐ家に帰っているのに、美紀子は俺のほうに女がいると疑う。これだけ真面目に仕事しているのに、許せん」と険しい表情で話していたという。

また、仲裁に来て殺害されたとみられる松岡さんについても、昌大は妻・美紀子さんとの仲を疑っていたという噂もある。殺害された両親は、「昌大が精神的に不安定で、不倫は美紀子だと大声で言い、被害妄想のようになっている」と、周辺に話していたそうだ。

「互いの疑心暗鬼が原因」説

昌大夫婦が結婚したのは事件の10年くらい前で、昌大はバツイチだった。
夫婦を知る人は「2人は、昔付き合っていた人に対し、互いに嫉妬しあって言い争うことがあった」と証言する。


美紀子さんが「夫が前の相手と連絡とっているみたい」と愚痴るのを聞いた人もいる。また、昌大が「嫁の動きが怪しい。SNSでなんかやっているみたいだ」と美紀子さんの不倫を疑うような話を聞いた人もいる。

容疑者・飯干昌大について

飯干昌大

飯干昌大は事件の7年前、長女のさんが生まれたのを機に地元宮崎に戻ってきた。そして地元の建設資材会社で、原木を輸送するトラック運転手として働くようになった。

妻の美紀子さんとは結婚して10年で、長男の拓海さんは前妻との子どもである。
前妻とは拓海さんが生まれて1~2年後に離婚。拓海さんは、昌大と折り合いが悪い時期もあったが、事件当時は地元に戻って働くようになり、昌大は「よく帰ってきてくれた」と嬉しそうに話していたという。

当時の建設資材会社の社長は、「彼は普段から寡黙で、イジられると黙ってしまうタイプ。事件の予兆は感じられなかったが、何か溜め込んでいたものが爆発したのかもしれない」と語っている。

松岡史晃さんとの接点

松岡史晃さん
被害に遭った松岡史晃さん

松岡さんとの接点については、詳しいことはあきらかになっていない。
小学校時代からから2人を知る上記の社長でさえ「どんな接点があったのか分からない」と話している。また、別の知人も「2人とも知っているが、交遊があったとは聞いたことがない」と首をかしげる。

しかし、昌大の知人がこんな証言をしている。
昌大の勤務先と、松岡さんの妻の勤務先とは取引があったという。松岡さんの妻の会社では、昌大の会社から運ばれた原木を加工しているのだ。昌大は、原木を運ぶトラックの運転手だったので、2人は面識があったはずだ、というのだ。
この話のせいかどうかはわからないが、「昌大と松岡さんの妻は不倫していた」という噂まで流れている。


なんと送料無料!

ちなみに、松岡さんの評判はいいものばかりである。

  • 会うとあいさつをしてくれる、気さくで良い人だった(近所の女性)
  • 地域の消防団の活動に熱心で、班長として若い団員をまとめていた
  • 後輩からの人望が厚く、仕事もできる人だった(消防団の先輩)
  • 頼まれると嫌と言えない性格
  • 困っている人を放っておけない性格

松岡さんは熊本で長距離トラックの運転手をしていたが、それを辞めて五ケ瀬町に戻り、父親とともにトマト栽培に本格的に取り組むようになった。高校では農業科だったので、高校時代の勉強が生かせる、と笑って話していたという。
事件の半年ほど前に結婚したばかりで、充実した人生を送っていた矢先の悲劇だった。

ネットの誹謗中傷

事件前の2016年9月~10月にかけて、昌大と妻の美紀子さんがインターネットの爆サイ.comという地域掲示板サイトで、誹謗中傷されていたことがわかった。

宮崎・高千穂6人殺人事件
爆サイ.comの書き込みより

言葉の意味は以下の通り

  • サンコウ・・・九州産交バス株式会社
  • シイバ・・・椎葉村
  • イイホシまさだい・・・飯干昌大

地域掲示板とはいえ、実名で誹謗中傷するのはれっきとした違法行為であり、許されることではない。
ただ興味深いのは、これが「事件より前の書き込み」ということである。事件後にあることないこと書かれるのはよくあることだが、これは違うのである。

これが、たまたま昌大夫婦を嫌う「特定の誰か」が書いたものなのか、それとも夫婦が事件前から「悪目立ちする存在」だったのかは不明である。内容についても事実である保証はどこにもない。

追い詰めてはいけないタイプ

会社の社長によると、昌大はイジられると黙ってしまうタイプだったといいます。おそらくシャレの通じない性格で、言葉を額面通り受け取ってしまうのでしょう。
よく聞く「普段はおとなしいのに、突然前触れもなくキレて爆発する」、そういう人だと思います。

 

このタイプの人を追い詰め過ぎてはいけません。キレた状態というのは一種の錯乱状態で、何をされるかわからないからです。最悪の場合、この事件のような殺人事件に発展するケースも実際に多くあります。

父親が犯人の一家心中事件が多い

この事件は、いわゆる一家心中事件でもあります。
こういう事件の場合、「殺人者の家族として生きていくのはつらいだろう」と考え、関係ない家族まで道連れにする場合が多いです。
そして、犯人は圧倒的に父親。このサイトでも紹介している
中津川一家6人殺傷事件
日立妻子6人殺害事件
もまったく同じような構図で、父親家族を殺害しています。


タイトルとURLをコピーしました