スポンサーリンク
スポンサーリンク

名古屋妊婦切り裂き殺人事件|日本で最も猟奇的な未解決事件

名古屋妊婦切り裂き殺人事件日本の凶悪事件

!注意!本記事は凶悪犯罪の詳細を説明するもので、その性質上「過激な表現」が含まれている場合があります。苦手な方はこちらから退出できます。

スポンサーリンク

名古屋妊婦切り裂き殺人事件

1988年3月18日、日本で最も猟奇的といわれる事件が発生した。
この日、名古屋で結婚3年目の妊婦が何者かによって殺害され、腹を裂かれて赤ん坊が取り出されていたのだ。さらにお腹には「電話の受話器」や「キーホルダー」が入れられていて、その意味についてさまざまな推測がなされた。赤ん坊は奇跡的に一命を取り止め、その後無事に成長している。
事件では不審な男が浮上していたが身元の判明には至らず、2003年3月、公訴時効が成立してしまった。

スポンサーリンク

事件データ

容疑者30歳代ぐらいの不審な男
犯行日1988年3月18日
犯行種別殺人事件
場所愛知県名古屋市中川区供米田
被害者数1人
動機不明
キーワード妊婦、胎児、電話、キーホルダー
スポンサーリンク

名古屋妊婦切り裂き殺人事件の経緯

1988年3月18日朝。
名古屋市中川区に住む守屋美津子さん(27歳)は結婚して3年になる主婦で、お腹には子どもを身籠っていた。予定日の13日をもう5日も過ぎていたので、夫・慎一さん(当時31歳)は仕事先からも電話をくれるほど心配していた。

この日は金曜日だったので、いつも通り出勤する夫を送り出した。夫は昼12時過ぎに電話をしたが、この時は特に異常はなかった。さらに退社する直前の午後6時50分頃、もう一度電話したが、この時美津子さんは電話に出なかった。

夫はそれほど深く考えず「帰宅するころには妻も家にいるだろう」ぐらいに考えながら帰宅した。到着したのは午後7時40分頃。普段と違い、玄関ドアが施錠されていなかった。また、部屋の電気もついていなかった。

夫は少しの違和感を覚えたものの、寝室でスーツから部屋着に着替えた。

その時、奥の居間から赤ん坊の泣き声が聞こえた。夫は「生まれたのか?」と驚きつつ、居間の照明を付けた。

スポンサーリンク

おぞましい光景

名古屋妊婦切り裂き殺人事件

そこで夫が見た光景は、この世のものとは思えないものだった。居間は一面が血の海で、その中に変わり果てた姿の美津子さんが横たわっていた。足元にはがいて、力なく泣いていた。呆然自失になりそうなところを気を取り直して「通報しなければ」と電話のあるダイニングキッチンに急ぐ。

しかし、いつもそこにあるはずの電話がなかった。夫は急いで部屋を出て1階の住民のところへ行き、電話を借りた。記録では午後7時43分に名古屋市消防局消防指令センターに救急車を依頼している。

この時に電話を貸した1階の住民の証言によると、血相を変えた美津子さんの夫が「電話が引きちぎられて、赤ん坊が出ているから電話を貸してほしい」と言うので、「赤ちゃんが生まれたんだな」ぐらいに考えていたという。夫はものすごくあわてていたが、まさか奥さんが殺されているとは思わなかったそうだ。

通報を受けた中川消防署・富田出張所は、「子供が生まれている」という内容だったので、隊員の1人が必要な道具を持って駆け付けた。しかし到着した救急隊員は、現場を見て凍り付く。

通報した男性の妻は、赤ん坊を ”産んだ” のではなかった
彼女は腹部を切り裂かれていた。そして首には電気コタツのコードが巻き付けられ、後ろ手に縛られて倒れていた。そして赤ん坊とはへその緒が切断されていた。

スポンサーリンク

妊婦は死亡、赤ちゃんは生存

名古屋妊婦切り裂き殺人事件被害者・守屋美津子さん

美津子さんと赤ん坊は、名古屋市中川区内の名古屋掖済会病院に運ばれたが、美津子さんは間もなく死亡が確認された。
赤ん坊は足などに切り傷が3か所あり、そのせいで重度の貧血になっていた。また低体温症の症状もあって、搬送時は体温が約30度まで低下していた。

しかし発見が早かったことに加え、「病院の的確な処置」や「夫の父親の輸血」などのおかげで、一命を取り留めた。予定日を過ぎていて、自分で呼吸できるほどには成長していたことも幸運だった。足の傷は、美津子さんの腹部が切りつけられた際に付いたものとみられた。
体重2930gの男の子だった。赤ん坊の命が助かったのは、まさに奇跡といってよかった

名古屋大学医学部教授・友田豊(産婦人科学)は朝日新聞の取材に対し、「母親は臍帯による血液の繋がりが切れてから死亡したのだろう。赤ん坊の生存は早期発見など様々な好条件が偶然重なったことによる珍しい例だと思う」と話した。

スポンサーリンク

捜査

名古屋妊婦切り裂き殺人事件

現場は近鉄名古屋線・戸田駅から北東約500mの場所。このあたりは当時、マンション・アパートが目立つ新興住宅街だったが、周囲には田畑も点在しており夜間は人通りが少ない場所だった。
アパートは1階2室+2階2室の計4室。被害者宅は2階で、その隣室は唯一空室になっていた。

愛知県警・中川警察署は当初、現場に争った形跡がなかったことなどから「怨恨の線が強い」としていた。しかし凶器も遺留物も発見されず、指紋が丁寧に拭き取られているなど、犯行後にかなり冷静・確実に証拠隠滅を図ったことが判明。そのため、「外部犯、それもプロの犯行」という線が強くなっていった。

また、現場からは美津子さんの財布がなくなっており、タンスも荒らされていたため、「物取り目的で侵入後、被害者を殺害。そのうちに猟奇性が偶然芽生えた」という強盗殺人事件の線で捜査を継続した。

唯一の物的証拠は「25cmの靴の足跡」だけだったが、この靴は「韓国・台湾で製造された大手靴メーカーの模造品」と判明、流通経路を調べても犯人断定には至らなかった。

スポンサーリンク

遺体の状況

警察によると、美津子さんは青いマタニティウェア、セーター、ピンクのジャンパーと黒のパンティストッキングを身につけていた。

腹部を切られて赤ん坊を取り出されていたが、その腹の中には「電話の受話器」と「ミッキーマウスのキーホルダー」が詰め込まれていた。キーホルダーは車のキーを付けていたが、この日は車を使っていないので室内にあったのだ。

現場を見た人の証言
  • 夫とその父親:「(美津子さんは)普通の人には想像できないような恐ろしい状態で息絶えていた」
  • 愛知県警察・機動捜査隊の警察官:「あんな現場は今までに見たことがない」と言い合いながら現場から戻ってきた

美津子さんの遺体を司法解剖した結果、以下のことがわかった。

  • 死因は首を絞められたことによる窒息死
  • 出血の量から「腹を裂かれたのは絞殺された後」と推測される
  • 死亡推定時刻は、午後3時~午後4時頃の約1時間

死亡推定時刻が約1時間の間に絞り込めた理由は、捜査でさまざまな事実が判明したためである。

  • 美津子さんは、自宅で友人女性と午後3時まで談笑していた
  • 遺体発見時は室内に電灯がついていなかった
  • 午後4時頃、郵便局員が郵便受けに葉書を配達した時、特に室内の異変には気づかなかった。
  • 美津子さんは配達された郵便物を放置しないのに、夫の帰宅時、葉書はそのまま郵便受けに残っていた
  • 美津子さんは使った食器をすぐに洗う性格なのに、友人と茶を飲んだ際の食器がコタツの上に放置されていた

なお、遺体には電気コタツのコードが首に巻かれていたが、これは凶器ではなく、死後に巻かれたとみられた。(電気コタツのコードは、コンセントが刺さった状態だった)

名古屋では、1999年にも若い主婦が夫の出勤中に殺害された名古屋市西区主婦殺害事件が発生している。この事件でも一緒にいた2歳男児は被害を免れている。

スポンサーリンク

犯人らしき男

聞き込みにより、不審な男の情報が得られた。
現場アパート1階の住民宅に午後3時頃、不審な男が訪れ、「ナカムラさんのところを知りませんか?」と尋ねた。応対した女性は「知りません」と答えてドアを閉めたが、男は落ち着きがなく不審な感じだった。この女性によると、男は30歳代、身長約165cmで中肉中背、サラリーマン風の丸顔だったという。

現場付近に「ナカムラ」姓の住民は住んでいなかった。
また、このアパートは道路から駐車場を挟んでやや奥まった場所にあり、道を尋ねるには不自然な立地だった。このことから「男は道を尋ねるふりをして室内の様子を窺っていた」という推測がされた。

この男は同じ頃、美津子さん宅にも来ていた可能性がある。友人女性は滞在中、何者かが美津子さん宅玄関のドアノブを回すような音を聞いたが、美津子さんは「換気扇の音だろう」と気にかけていなかった。

さらに続く不審な男の情報

捜査を続けていくうち、ほかにも不審な男の情報がいくつか出てきた。

  • 午後2時30分頃、エンジンをアイドリングした自動車がアパート駐車場に停めてあった
  • 近所に住む小学生男児2人(5年生と3年生)が午後4時30分頃、現場付近で見知らぬ不審な男が、時折道路沿いの家を窺うようにしながらうろついていたと証言。その男の特徴は「37歳~38歳程度、身長は約175cm、丈の長い黒っぽいジャンパー姿、眼鏡はかけておらず薄茶色のベレー帽のような帽子を着用」。コートの襟を立てて顔を隠すような姿勢で、両手はポケットに入れて歩いていたそうだ
  • 午後7時頃、算盤塾から帰る途中の小学5年生男児が「現場アパート西側の路上で、前述の特徴と同じような人相の男が約10分ほどうろついていたのを目撃した」と証言

侵入した経緯の推測

捜査では「犯人は玄関ドアから侵入した」とされているが、鍵を壊された形跡はなかった。ではこの男が犯人だとして、どのような経緯で部屋に侵入したかについては2つの考察が立てられた。

  1. 男が1階の住民宅で道を尋ねたのと同じ手口で訪問し、美津子さんが油断した隙を突いて襲撃した
  2. 友人の帰宅を見送るために施錠せずに外出したため、その際に男が侵入して戻ってきた美津子さんを襲撃した

赤ちゃん・遺族のその後

奇跡的に助かった赤ちゃんは、事件翌日にはミルクを飲み始め、生まれて15日後の1988年4月2日午後に入院していた名古屋掖済会病院を退院した。

退院直前、美津子さんの夫が記者会見し、「生まれる前から男の子と分かっていたので、美津子さんと2人で決めていた名前を付ける。その名前は公表しない」と述べた。続けて夫は「子どもには妻の分までできるだけのことをして、普通の親と同じように育ててあげたい」と話した。

男児は愛知県海部郡七宝町(現:あま市)の夫の実家に預けられ、夫自身は事件発生から1年後の1989年3月時点でも事件現場アパートで独り暮らしをしていたが、同年内には東京都内に転勤した。

1994年、男児の小学校入学にともない、夫は自身の母親と男児と3人で美津子さん実家近くのアパートに引っ越した。夫はその後勤務先を退職、友人と会社を興す準備を進めた。

1999年4月、男児の小学6年進級時、夫は母親と男児とともにハワイに移住。この時点で男児は「母親がいない本当の理由」を知らないという。

美津子さんの父親

美津子さんの父親は、この事件の公訴時効が成立する直前の2003年2月、マスコミの取材に対し以下のように心境を話している。

  • 時効成立直前で逮捕された事件もあるが、いまさら犯人が逮捕されても娘は生き返らない
  • たとえ逮捕されなくてもこのまま苦しみながら生きていくならそれでいいが、「犯人が時効後に平然と社会で生活する姿」を想像すると娘が不憫だし、公訴時効制度が憎い
  • 犯人も人の子として生まれてきた以上、「この15年間は罪の意識に苦しんできたはずだ」と思いたい
  • 孫もそのうち事件のことを理解するかもしれないが、成長をゆがめないことを願いたい
  • あのような猟奇的犯行は「人間」にはできない。事件のことは忘れようとしているが、心には一生残る
タイトルとURLをコピーしました