伊勢原市同居母娘強殺事件|花火の誘いを断られ、母娘を殺害

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日本の凶悪事件

「伊勢原市同居母娘強殺事件」の概要

2001年8月4日、神奈川県伊勢原市で母娘2人が殺害される事件が発生した。事件発覚は8月21日、伊勢原署員が2人の腐乱した遺体を発見した。
警察は、母娘と1年前から同居していて、事件後行方のわからなくなっていた加賀聖商(当時40歳)を全国に指名手配。逃亡していた加賀は、9月24日、北海道警・夕張署管轄の駐在所に自首した。しかし、自首による減刑は認められず、加賀は裁判で死刑確定となっている。
犯行動機は、事件当日に開催された花火大会の誘いを、同居女性の娘に断られて腹を立てた、という身勝手なものだった。

事件データ

犯人加賀聖商(当時40歳)
読み:かが としあき
事件種別強盗殺人事件
発生日2001年8月4日
犯行場所神奈川県伊勢原市桜台1丁目
被害者数2人死亡
判決死刑:東京拘置所に収監中
動機花火の誘いを断られ、カッとなった
キーワード花火大会

「伊勢原市同居母娘強殺事件」の経緯

無職の加賀聖商(当時40歳)は、伊勢原市内の飲食店で従業員の松井和子さん(当時43歳)と知り合って以降、約1年間にわたり松井さんのアパートで同居していた。

加賀は、仕事もせずにパチンコにふけるヒモ生活をしていた。そのため、松井さんの貴金属を質入れして金を作ったり、松井さんの中学1年の長女・真菜美さん(12歳)の小遣いまで盗むなどしていた。

2001年8月4日、加賀は長女を花火大会に誘う。しかし、小遣いまで盗むような中年男の加賀に対し好感など持てるはずもなく、長女は「行かない」と、つれない断り方をした。

この時の態度に、加賀はカッとなった
2人は口論となるが、加賀は怒りにまかせて長女の背後から包丁で背中を刺し、腕や包帯で首を絞めて殺害してしまう。この時、部屋には加賀と長女の2人だけで、松井さんは仕事のため不在だった。

加賀はこうなった以上、松井さんも殺して金銭を奪ってやろうと決意する。加賀は凶器として用いるペティナイフを買いに行き、鉄製ハンマーを用意するなど準備を整え、帰宅の予定を確かめるために松井さんに何度も電話をかけた。

娘に続き、母親も殺害

松井さんが帰宅したのは、午後10時頃。
横たわる娘に声をかけている背後から、加賀は鉄製ハンマーで頭部を殴打した。そして鼻や口を掛け布団でふさぎながら、背中をペティナイフで何回も突き刺して松井さんを殺害した。

その後、現金1万円とキャッシュカード2枚を奪い、新聞販売店に「しばらく留守にするので新聞を止めてほしい」と電話して逃走した。そして翌7日、キャッシュカードを使って現金85万円を引き出した。

松井さん母娘は、近所との付き合いがあまりなく、長女も夏休みだったため学校側が気付くこともなかった。そのため、事件が発覚したのは犯行から17日後の8月21日だった。

遺体は伊勢原署員が発見。2人の遺体は腐乱しており、ともに8畳間に敷かれた別のふとんの上であお向けの状態だった。部屋は施錠され、荒らされた形跡はなかった。伊勢原署の捜査本部は26日、同居していた加賀を全国に指名手配した。

加賀聖商が自首したとされる夕張署南部駐在所/伊勢原市同居母娘強殺事件
加賀聖商が自首したとされる夕張署南部駐在所

一方、加賀は逃走後、北海道夕張市でテント生活をしていたが、金を使い果たした9月24日、北海道警・夕張署南部駐在所に自首。殺人容疑で逮捕された。

死刑囚200人 最後の言葉 (宝島SUGOI文庫)
死刑囚200人 最後の言葉 (宝島SUGOI文庫)

この時の加賀の所持金はわずか30円、頬はこけ、無精ひげを生やしていた。奪った金のうち10万円は、消費者金融の返済に充てていた。

犯行後の足取りは、8月10日に寝台列車で北海道に渡り、20日からは夕張市内の雑木林に隠れていたという。

加賀聖商の生い立ち

加賀聖商は札幌市で生まれ、小中学校時代は夕張市内で過ごした。
1985年頃に神奈川県に移り住み、しばらくは平塚市内の空調会社に勤めたが、辞めて以降は無職だった。

事件の1年ほど前、伊勢原市内の飲食店に勤務する松井和子さんと知り合い、やがて松井さんのアパートで同棲するようになった。

飲食店関係者によると、松井さんが店を辞めた後は、加賀は姿を見せなくなったという。
また、同じアパートの住民の証言では、加賀はいつも陰気な感じで声をかけづらかったとのこと。しかし、休日の夕方などに3人で出かける様子も見かけていた。

加賀は、仕事をするでもなくパチンコ三昧の日々を送り、松井さんの貴金属類を勝手に質入れしたりしていた。松井さんには中学1年の長女・真菜美さんがいたが、真菜美さんの小遣いまで盗むなどしていた。

事件を起こしたのは2001年8月4日。加賀が40歳の時だった。加賀には過去に強盗致傷で服役した前科があった。
本事件の裁判では、2008年6月5日、最高裁にて死刑が確定。現在は東京拘置所に収監中である。

裁判

一審:横浜地裁

弁護側は「金品を強奪する目的はなかった。殺人と窃盗に分けて考えるべきだ」と主張した。

裁判長は加賀被告について「仕事もせず、中学生の小遣いを持ち出すなど、自堕落で無為徒食の生活をしていた」と指摘。「松井さんの長女が反発するのは当然で、自らの非を棚に上げている」と加賀被告の態度を非難した。さらに、母親の松井さん殺害は計画的で用意周到だったと指摘した。
さらに現金を奪うことを目的にした強盗殺人と認定した。

2004年2月4日の判決公判で、横浜地裁は加賀被告に死刑を言い渡した。

控訴審:東京高裁

控訴審でも弁護側は、母親殺害について「金目当てではなく、強盗殺人罪は成立しない」と主張。しかし、判決で裁判長は「長女を殺害後、帰宅する母親を待ち受け殺害するなど、計画的で強固な犯意があり、極刑はやむを得ない」と述べ、「被告の供述は信用できない」と退けた。

2005年7月19日、東京高裁は一審の死刑判決を支持した。

最高裁で死刑確定

2008年3月27日の最高裁弁論で、弁護側は「長女の殺害は突発的で計画性はなく、母の殺害も金銭目的ではなかった。死刑は重すぎる」と主張。
検察側は「二審の判断は相当。身勝手な犯行に同情の余地はない」として上告棄却を求めた。

6月5日、判決で最高裁は一審・二審の死刑判決を支持。加賀被告の死刑が確定した。
判決理由で裁判長は、「2人への殺意はいずれも強固で、犯行態様は執拗かつ残忍。事実関係をおおむね認めていることなど、被告のために酌むべき事情を十分に考慮しても、刑事責任は極めて重大で、死刑を是認せざるを得ない」と述べた。

現在、加賀聖商死刑囚は東京拘置所にて収監中である。

タイトルとURLをコピーしました