スポンサーリンク
スポンサーリンク

大阪愛犬家連続殺人事件|動物好きにも悪いヤツはいる!

上田宜範日本の凶悪事件
スポンサーリンク

大阪愛犬家連続殺人事件

1992年~1993年、大阪府の自称犬の訓練士・上田宜範のまわりで人が次々と姿を消した。
当初、別々の失踪事件とみていた警察だったが、そのうち全員が上田の知人であることが判明する。
上田は、金銭トラブルなどで男女5人に筋弛緩剤を注射して殺害、遺体は、犬の訓練場名目で借りていた長野県塩尻市の土地へ埋めていたのだ。
時期を同じくして(1993年4月~8月)、埼玉県で同様の愛犬家殺人事件が発覚したが、この大阪の事件が疑惑を向けられるきっかけとなった。

スポンサーリンク

事件データ

犯人上田宜範よしのり(逮捕時39歳)
犯行種別連続殺人事件
罪状殺人、死体損壊・遺棄
犯行日1992年6月19日~1993年10月29日
場所大阪府、長野県塩尻市
被害者数5人
判決死刑(大阪拘置所に収監中)
動機金銭トラブル
キーワード愛犬家、筋弛緩剤
スポンサーリンク

事件の経緯

上田宜範は1954年、大阪府堺市に生まれた。上田は犬好きで、近所の獣医の所によく遊びに行っていたという。ある時、この獣医のところに犬の安楽死を希望する客がきたのだが、獣医はためらうことなく筋弛緩剤「サクシン」を犬に注射した。犬は苦しむ様子もなく死んだ。

それを見ていた上田は、この薬に興味を持つ
その後、上田は獣医に「安楽死が必要な犬がいる」と筋弛緩剤注射器を入手、それをドーベルマンに注射したところ、犬はやはり苦しまずに死んだ。
これが上田を殺人鬼に変えるきっかけとなった。
事件後、この獣医は獣医師法違反で略式起訴され、罰金50万円が科せられている。

上田は、半年ほど物流会社でアルバイトをしていたことがある。そこでは、同僚の瀬戸博さん(23)とよく仕事のことで衝突した。この仕事を1992年1月に辞めたあとの5月のある日、犬の散歩中に瀬戸さんと偶然出会った。その時瀬戸さんは、「自分の悪口を言いふらしている」として上田に突っかかり、殴り合い寸前になったという。

6月19日の午後3時頃、上田は理由を付けて、瀬戸さんを阪和線三国ヶ岡駅近くに呼び出す。そして、瀬戸さんを車に乗せ、車中で下痢を訴える瀬戸さんに、下痢止めと偽り睡眠薬を飲ませた。
瀬戸さんが眠ったあとも、上田はそのまま車を走らせ、犬の訓練施設予定地として借りていた、長野県塩尻市の土地へ向かった。
現地に到着すると上田は瀬戸さんを縛り付け、体の自由を奪ったうえで筋弛緩剤「サクシン」を左腕に注射して殺害。遺体はその土地に埋めた

スポンサーリンク

次々と姿を消す知人たち

大阪市東淀川区の藤原三平さん(33歳)とは、妻が犬の雑誌「愛犬の友」の文通欄で上田と知り合ったことが縁で親しくなった。
上田は夫妻にペットショップの共同経営をもちかけ、藤原さんに開業資金の援助を約束していた。しかし、上田に資金のあてなどなかった。一方、藤原さんからは開業資金をせかされ、そのことに上田は嫌気がさしていた。

1992年7月26日、上田は藤原さんを呼び出して車に乗せる。車中では口実をつけて、睡眠薬を飲ませて眠らせることに成功、長野県の土地に向かった。到着すると、眠っている藤原さんに筋弛緩剤を注射して殺害した。遺体は前回と同じようにその土地に埋めた。

その頃、上田は運送会社でアルバイトをしていた。
そこで知り合ったアルバイト仲間の柏井耕さん(20歳)に、上田は犬の施設予定地の整地作業などを依頼した。柏井さんはこれを引き受け作業をしたが、上田はアルバイト料を払わなかった。柏井さんは当然のこととして支払いを求めてきたのだが、上田はいつものように柏井さんを消してしまおうと考える。
1992年7月30日、上田は柏井さんを殺害、そしてこの土地に埋めた。

1992年9月、上田は八尾市の一軒家に引っ越している。
1992年10月頃、行きつけの獣医で住吉区の主婦・高橋サチ子さん(47歳)と知り合った。上田は、高橋さんに犬の商売の共同経営をもちかけ、犬の仕入れ代金として、高橋さんから貴金属や現金50万円を受け取った。

それは、高橋さんがひとりで娘を育てながら、苦労して貯めた金だった。そんな大事な金を渡したのに、上田はいつまでたっても行動を起こさない。しびれを切らした高橋さんは、「騙したらただで済まないよ」と強い口調で上田に詰め寄り、犬を仕入れるよう要求した。

高橋さんは、上田にとって厄介な存在となってしまった。彼女は10月25日に失踪するが、上田が運転するレンタカーの中でぐったりしているのが目撃されている。
翌26日、上田は自宅で高橋さんに筋弛緩剤を注射して殺害した。そして遺体を金属製ロッカーに入れ、自分のトラックの荷台に隠しておいた。

堺市の主婦・志治信子さん(47歳)とは、1991年秋頃に出会っている。
志治さんがラブラドールレトリバーの子犬の散歩中、上田が声をかけたのがきっかけだった。志治さんは子犬のしつけに手を焼いていたが、訓練士と自称した上田が、連れていたシェパードを手なづけているのを見て、訓練を依頼した。
そのうち上田は志治さん宅を訪れるようになり、志治さん夫婦と親しくなっていった。

ある時、志治さんの犬が突然元気がなくなり、歩く足もおぼつかなくなった。志治さんが上田に電話すると、彼はすぐやって来て、「これですぐ良くなる」と犬の首に注射した。
安心した志治さんだったが、犬は翌朝に死んでいた。
しばらくして、上田はセントバーナードの子犬を連れてきた。これに志治さんは、3万円を支払っている。


やがて上田は犬の施設の共同出資をもちかけ、夫妻を長野県の土地に連れて行った。土地を見て信用した志治さんは、1993年夏から秋にかけて、上田に1000万円を手渡している。
ところが、犬の施設の建設計画がまったく進まないことに志治さんは苛立ち、上田に詰め寄った

1993年10月29日、上田は口実をつけて志治さんをトラックに乗せ睡眠薬を飲ませた。ところが、志治さんは途中で目を覚ましてしまう。彼女は「変な臭いがする」と騒ぎ、遺体の入っているロッカーを怪しんだ。上田は高橋さん殺害を気づかれたと思い、筋弛緩剤を注射して殺害した。

志治さんが失踪してすぐ、家族が警察に届けを出した。このころ警察は、5人の被害者は別々の家出人とみていた。一見すると、5人には関連がないように見えたからだった。
しかし、志治さんの家族の独自調査により、上田の周辺でもうひとり行方不明者がいることが判明する。それは、志治さんの直前に殺害されていた高橋さんだった。
これにより警察は、愛犬家が次々失踪していること、さらに被害者全員が上田と関係があることに気づく。

大阪愛犬家殺人遺体発見場所
犬の訓練所予定地から5人の遺体が見つかった
遺体の入ったロッカー

そして1994年1月26日、上田は殺人・死体遺棄の罪で逮捕された。
警察が長野県の犬の訓練予定地を調べたところ、ロッカーに入れられた高橋さんの遺体が見つかった。
さらに上田の供述をもとに、ほかの4人の遺体もこの土地から発見された。

スポンサーリンク

犯人・上田宜範の生い立ち

上田宜範

上田宜範は1954年、大阪府堺市裕福な酒店の長男として生まれている。
動物が好きで、よく近所の獣医の所に遊びに行っていた。
私立興国高校を卒業後、家業を手伝っていたが、しばらくして父親の援助を得て友人と建売住宅の販売会社を始めた。しかし、会社は3000万円の負債を抱え倒産。借金は父親の援助で返済した。

その後、再び不動産会社や車販売会社を始めたが、友人に会社の金を持ち逃げされ7000万円の負債を抱えることになった。この借金は祖母の株売却でなんとか返済したが、この件で両親から準禁治産者にされた。

準禁治産者

心神耗弱者や浪費者であって、準禁治産の宣告を受けた者のこと。
準禁治産者とされた者が一定の重要な財産上の行為をする場合には、「保佐人」の同意を得なければなりません
この制度は人権に問題があり、1999年に廃止された。現在は成年後見制度に変わっている。

1988年、上田が34歳の時、静岡県御殿場市に移り住み、長距離トラック運転手などをした。
1990年5月、知り合いのパチンコ店の10代の男性店員にスナックの開店話を持ちかけ、百数十万円を受け取る。しかし実行に移さないことから店員に詰め寄られ、絞殺してしまう。この時事件は発覚しなかったが、逮捕後「富士山麓の樹海に捨てた」と自供するも、遺体が発見されず立件は見送られている

御殿場では家の近所に犬の訓練所があり、上田はそこからシェパードを購入した。それから訓練所に頻繁に通うようになった。そのうち訓練士と親しくなり、犬の訓練方法や繁殖の知識を得たことで、犬の繁殖ビジネスに興味を持つようになる。

まわりから借金を重ねていた上田は、知人らにレンタカー会社を共同経営することを持ちかけた。出資金が数百万円集まったところで上田は持ち逃げしたが、1990年8月に横領容疑で逮捕される。
この件で懲役1年3ヶ月の実刑判決を受けている。

1991年3月、仮出所した上田は、知人に預けていたシェパード犬を連れて堺市に戻った。この時、犬が自分のことを忘れず再会を喜んだことに、上田は感激したという。
その後、2匹のシェパードを連れて大和川の河川敷を散歩するようになる。そして散歩中に出会う愛犬家たちに、「犬の訓練士」を名乗り、ブリーダーなどを持ちかけるようになった。

1992年5月には、犬の訓練所にする名目で、長野県塩尻市洗馬地区の畑地2500㎡を年間2万円で借りた。しかし貸主によると「やる気はなく見せかけだけのようだった」と証言している。フェンスさえなかなか立てなかったそうだ。

この土地には被害者たちを連れてきて、共同出資を呼び掛けていた。土地を見せられたことで、被害者たちは信用してしまったのかもしれない。

裁判

公判が始まると、上田は「自供は警察の暴行により強要されたもの」と無罪を訴えている。

1998年3月20日、大阪地裁で判決公判が開かれた。
大阪地裁は「短絡的、自己中心的で、生命への尊厳の意識が欠如した無慈悲で異常な犯行」として死刑判決を言い渡した。
これを不服として、上田は控訴した。

2001年3月、大阪高裁が控訴を棄却、上田は上告した。

2005年12月15日、最高裁は「動機に酌量の余地はなく、非道かつ残忍な犯行。被害者は計5人に及んでおり、生じた結果は極めて重大であり、一、二審の死刑判決を是認せざるを得ない」として上告を棄却
上田の死刑が確定した。

まとめ

大阪愛犬家殺人被害者
被害者達の出会った時期・失踪時期の一覧
スポンサーリンク

上田宜範の本当の怖さ

この事件の犯人・上田宜範の怖いところは、少額でも払いたくなければ殺害しているところです。訓練場の整地のアルバイトなんて1日数千円ではないでしょうか?
働かせておいてバイト料を渡さないだけでも十分ひどい話なのに、殺してしまうなんてまったく情状酌量の余地はありません。極刑やむなしでしょう。
もっとひどいのは、自分から資金援助すると約束しておいて、その後催促されたからと殺害におよんでいる事件です。援助できなくなったと謝罪すればいいだけなのに、なぜ殺す必要があったのか、聞いてみたいものです。

しかし、上田の本当に怖いところは別の部分です。
上田は他の凶悪犯と違って、見た目だけは何人も殺すような凶悪な人間には見えません
一見普通に見える男から気さくに話しかけられ、愛犬家同志で話が盛り上がれば、そのうち懇意になっても無理はありません。最終的に、偽の儲け話にみんな騙されました。
 
被害者たちは、こんなに危険な男と思わずに近づいてしまった可能性は高いです。この事件の怖いところはそういう部分かもしれません。昔からの教訓にあるように「うまい話にはウラがある」という言葉を、肝に銘じるしかありません。

スポンサーリンク

同じころ埼玉でも愛犬家が失踪

この事件は愛犬家による愛犬家殺人ということで、「動物好きに悪い人はいない」という一般論を裏切り、世間の話題をさらいました。
そのうち、埼玉県にも似たような愛犬家の連続失踪が起こっていると言われ始め、マスコミが飛びつき、事件が表面化したという経緯があります。

 
この埼玉愛犬家連続殺人事件も、判明しているだけで4人が被害に遭っていますが、遺体を完全解体して物証がほぼない状態の捜査となりました。犯人は「ボディーを透明にする」といい、骨が粉になるまで焼くという徹底ぶりでした。
マスコミが騒いで世間の注目がなければ、未解決事件となっていたかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました