スポンサーリンク
スポンサーリンク

【一家心中】家族を皆殺しにする父親|自分は死にきれない場合も【3選】

事件まとめ

家族内に解決の難しい大問題が起きた時、一家心中という方法を選ぶ父親がいます。死んですべてを終わらせようというわけです。こういうことをするのは、たいていの場合なぜか ”父親” です。父親というのは「家族は自分のもの」と考える傾向が強いのかもしれません。

 

無関係の家族まで巻き添えにするのは「殺人者の家族として生きるのはつらいだろう」と考えてのことのようです。でも本当にそう思うのなら、自分が殺人者にならなければいいだけです。それ以外の解決法が絶対あるはずだし、この考え方は傲慢ですよね。

 

日本では殺人の半数は親族間で起きているそうです。やはり「親しき仲にも礼儀あり」が大事ってことでしょうか。

スポンサーリンク

1.宮崎・高千穂6人殺人事件

宮崎・高千穂6人殺人事件

2018年11月25日、宮崎県高千穂町押方の民家で、一家が惨殺される事件が発生した。
殺されたのはこの家に住む家族5人と、知人・松岡史晃さん(44歳)の合計6人。

この事件をもっとくわしく見る →

家族はひとりを除き、全員が殺害されていた。そのひとりとは、この家の主・飯干昌大まさひろ(42歳)だった。警察は、昌大が6人を殺害して逃亡した可能性があるとして、周辺を捜索。その結果、約3km離れた神都高千穂大橋の下の川で、昌大の遺体が発見された。昌大は橋から飛び降りたとみられている。(橋から水面までは115m)

殺害された昌大の家族

昌大の父親・保生さん(72歳)、昌大の母親・実穂子さん(66歳)
妻・美紀子さん(41歳)、長男・拓海さん(21歳)、長女・さん(7歳)

のちの調べでは、この日の午後9時頃、松岡さんは電話で呼び出されて昌大の家に行ったことがわかっている。夫婦は日ごろから言い争いが絶えず、松岡さんはその仲裁に行って事件に巻き込まれた可能性があった。

スポンサーリンク

真相は誰にもわからない

事情を知る者は全員死亡しており、真相はわからない。

夫婦間に問題はあったようなのだが、周囲でそれを詳しく知っているのは松岡さんひとりだけのようなのだ。昌大は寡黙なタイプで自分のこともあまり話さなかったようで、会社の社長でさえ松岡さんと昌大の接点もわからないという。

この事件をもっとくわしく見る →

だが、いくつかの推測はあり、結局は不倫などの問題がこじれたのではないかと噂されている。ネットの地域サイトでは、事件前から昌大夫婦の中傷などが書かれていた。

スポンサーリンク

2.中津川一家6人殺傷事件

中津川一家6人殺傷事件
当時の原平の自宅

高齢の毒親に追い詰められて、家族全員を殺害するという事件が岐阜県中津川市で起こった。
犯人は原 平(当時57歳)。問題の発端は、原の妻に対する母親のイジメ、いわゆる「姑の嫁いびり」だった。

この事件の詳細記事はこちら →

原には弟がいて、もともと母親は弟家族と同居していたが、耐え兼ねた弟夫婦に放り出され、原の家にやってきたのだった。そんな事情があっても母親は反省するどころか、問題を起こし続けた。

「妻の料理は一切食べず自炊」、「妻を泥棒呼ばわり」などというのはまだ我慢できた。しかし、妻が植えた花を片っ端から引っこ抜いたり、妻が風呂に入れないよう浴槽に脱糞、生ごみを入れる、など常軌を逸したイジメが連日のように続いた。

やがて家の外でも問題を起こすようになり、原は精神的に追い詰められていく。彼は母親を殺害することを決意するのだ。
本来は母親ひとりがいなくなれば済むことだが、残された家族が「殺人者の家族」として生きるのはつらいだろうと考え、妻以外の全員を殺すことに決めた。

スポンサーリンク

妻が居ぬ間に決行

2005年2月27日、妻が友人たちと日帰り旅行に行くこの日を決行日に決め、妻を駅まで送ったあと実行に移した。原は長男(33歳)、母親(85歳)、飼い犬の順で自分の家の者を殺害。そのあと別に暮らす(30歳)と2歳の長男、まだ生後3週間の長女まで殺害した。最後に娘の夫(39歳)も殺そうとして失敗、逃げられてしまう。

原は追うことをせず、自宅風呂場で自殺を図ったが、娘の夫の通報により事件は発覚していたため、駆け付けた警察によって保護された。

裁判では無期懲役が確定。5人殺害した刑罰としては死刑が相当という意見も多くあったが、私利私欲の犯罪ではない点や、精神的に追い詰められていたことが考慮されたようだ。
現在は長野刑務所にて服役中である。

この事件の詳細記事はこちら →

はじめから妻を標的に入れなかったのは「”後始末”したことを見届けてもらおう」という気持ちからだという。籍さえ抜けば「殺人者の家族」ではなくなることも除外の理由だったかもしれない。

スポンサーリンク

3.日立妻子6人殺害事件

小松博文

自分が不甲斐ないばかりに妻を別の男に取られた男が、一家心中を図るという事件が茨城県で起こった。

この事件の詳細記事はこちら →

小松博文(当時32歳)は妻のさんとの間に子どもが4人、恵さんの連れ子1人も合わせると6人家族の大黒柱だった。ところが、小松はどんな仕事も長続きせず、いつもギリギリの生活。そんな状況でもパチンコには行くような性格だった。

そんな状況では恵さんも働かざるを得ず、昼の仕事をやめたあとは、スナックのアルバイトを始めた。小松は反対したが、生活のためには仕方なかった。

当初はアルバイトを終えるとまっすぐ帰宅していた恵さんだったが、そのうち帰りが遅くなり、ついには明け方になることも増えてきた。客にもらったという物も持ち帰ることが多くなり、小松は何か嫌な予感がしていた。

スポンサーリンク

別の男の存在

日立妻子6人殺害事件

ある時、恵さんが車に置いていった携帯を覗き見した小松は、恵さんと親しくしている男性がいることを知ってしまう。問い詰めると彼女はそれを否定しなかったが「体の関係はない」という。
小松は相手の男性とも会って話をするが、やはり恵さんと同じ言い分だった。とはいえ、恵さんの気持ちはその男性に向いており、小松は悩んだあげく身を引くことにした。

数日後、ロープや包丁を購入。のちの取材では「自分の自殺用に買った」と答えている。
そして最後の夜。家族と「最後の晩餐」をして、子どもたちと恵さんは眠りについた。夜が明けたら小松は出ていく予定だった。だが、自殺用に買ったはずの包丁で、小松は家族全員を刺していく。そしてガソリンを撒いて火をつけ、一家心中を図った。

だが服に火が付いた時、本能的に彼は服を脱ぎ捨て外に出る。そして、どうしていいかわからなくなり、車で警察に行き自首したのだった。

スポンサーリンク

犯行の記憶を失う

起訴後、日立署に勾留されていた小松は、持病の肺高血圧症によって倒れ、一時心肺停止状態に陥る。命に別状はなかったが、その後遺症で小松は記憶の一部が欠落してしまった。

そんな状態でも公判は維持できると決定され、裁判は始まった。記憶がなくても罪を逃れることはできず、第一審で小松に下った判決は死刑

この事件の詳細記事はこちら →

現在、小松博文は控訴中である。

タイトルとURLをコピーしました