【3選】”幻聴”に支配された殺人者たち【危険】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
幻聴事件まとめ

突然、頭の中で人の声が聞こえる「幻聴」。
原因は統合失調症、薬物の影響、PTSD(心的外傷後ストレス障害)など様々ですが、その声の影響を多大に受け、殺人にまで至った事件があります。

幻聴は、それ自体が危ないというより、”幻聴が起こる精神状態”が問題です。彼らの精神は、すでに危険なレベルで病んでいて、その中の一部の人が何かのきっかけで事件を起こしています。彼らには専門医の治療が不可欠で、そうしていれば事件に発展しなかったと思えるケースもあります。

1.大阪此花区パチンコ店放火殺人事件

大阪此花区パチンコ店放火殺人事件

2009年7月5日、大阪市此花区のパチンコ店が放火され、5人死亡する事件が起きた。翌日になって自首してきた男の名前は高見素直(当時41歳)、彼は「覚せい剤精神病」による幻聴があり、犯行はその幻聴の女 ”みひ” のせいだと主張した。

この事件をもっと詳しく知りたい人はこちら →

1991年頃、高見は覚せい剤を使用し始め、半年ほどで覚せい剤取締法違反で逮捕されている。そして1992年1月、懲役1年2か月(執行猶予3年)の判決を受け、これ以降は覚せい剤を使用していない。

半年ほどの使用にもかかわらず、数年経ったあとに「覚せい剤精神病」の症状が現れる。1998年頃から高見の耳に、見知らぬ女の声が聞こえるようになったのだ。

覚せい剤精神病

覚せい剤の使用を2~3か月続けると、統合失調症の幻覚・妄想と区別できない精神病症状が発現する。一度発現してしまうと、その後は再燃の度に発現しやすくなり、治まりにくくなる。

このころ高見は、長距離トラックの運転手に転職したが、この仕事は厳しい勤務態勢だった。そんなストレスのせいなのか、1~2か月たった頃、高速道路を運転中に突然頭の中で女性の声が聞こえた。
この声の主は ”みひ” と名乗り、”マーク” という集団に属しているという。 ”みひ” は最初の2~3日間は「左手を使うな」と指示してが、高見が無視していると10日間ほどでほとんど聞こえなくなった。

このころから高見は、身体の不調や車の不調は ”みひ” の嫌がらせ、と思い込むようになった。その後、高見は職場を解雇され、妻とも離婚されてしまう。そんな大きい精神的負担のせいなのか、 ”みひ” の嫌がらせは、以前にもましてひどくなっていく。

2009年6月末頃、高見は「再就職できなかったり、自分にまともな生活をさせないのは ”みひ” の嫌がらせ」と考え、世間の人はみんな ”みひ” の手助けをしていると思い込むようになっていた。追い詰められた高見は、やがて復讐のための無差別殺人を具体的に考えるようになる。

それでも高見は、仕事が決まれば事件を起こさないつもりだった。そのため友人に仕事の紹介を頼んでいたが、その電話がかかることはなく、自身が決めたタイムリミットの7月5日午後2時頃、犯行を決意。犯行の直前、高見は「かわいそうなことしなさんなよ」という ”みひ” の声を聞いたが、これを無視。そして午後4時10分、バケツに入れたガソリンをパチンコ店に撒き、火をつけて逃走したのだ。

高見は自首した理由について、「自分の犯行であることを世間に知らしめることが ”みひ” への復讐」と話している。これだけ大それたことをやってのけた自分に、もう指示はできないだろう、というわけだ。

この事件をもっと詳しく知りたい人はこちら →

高見は精神鑑定の結果、統合失調症と診断され、裁判では責任能力の有無が争われたが、彼に下った判決は死刑。現在は大阪拘置所に収監されている。

2.神戸・北区5人殺傷事件

神戸・北区5人殺傷事件

2017年7月16日の早朝、兵庫県神戸市北区妄想に支配された青年・竹島叶実かなみ(当時26歳)が、無差別殺人を起こした。

この事件をもっと詳しく知りたい人はこちら →

彼はまず、自宅で祖父母を包丁や金属バットで殺害、止めようとした母親にも重傷を負わせた。その後、表に出た竹島は、たまたま見かけた高齢女性2人にも相次いで包丁で襲い掛かった。そのうち79歳女性が死亡、もうひとりは重症だが命は助かった。

こうして3人を殺害し、2人に重傷を負わせた竹島は、近くにある有間神社に行ったところを逮捕。取り調べでは不可解な供述をくりかえす。
彼は前日、専門学校時代の同級生女性の声で「神社に来てくれたら結婚する」「この世界の人間は、君と私以外は『哲学的ゾンビ』なんだよ」という幻聴を聞いた。さらに、「家族を殺せ」と指示され、無意識に体が操られていたという。

哲学的ゾンビ

哲学的ゾンビ」とは、哲学用語で、外見は人と同じだが、自我意識がない存在をさす。

このような供述を受けて、竹島は精神鑑定を受けることになった。鑑定は3回実施され、裁判で鑑定医は、それぞれ以下のような証言をしている。

  • 1度目の鑑定医統合失調症と診断し「犯行と元々の性格に直接の関係はなく、症状の中で行われた」と判断。竹島との面会は11回。
  • 2度目の鑑定医:「統合失調症は”疑い”で、症状は中等度。竹島には、思いとどまる判断がある程度可能だった」と診断。面会は1回(被告側が拒否したため)。
  • 3度目の鑑定医:「最初の鑑定は優れている。2回目の鑑定は不十分」と主張。「周りの人は人間ではない」という事件時の妄想は、かなり荒唐無稽で、本人の性格からも飛躍があり、統合失調症の影響は「圧倒的」との見解。

この事件をもっと詳しく知りたい人はこちら →

2021年11月4日、神戸地裁は竹島に無罪を言い渡した。これに遺族や被害者は納得いかず、大きく落胆。神戸地検11月16日、、重大な事実誤認があるとして大阪高裁に控訴した。

3.鹿児島県日置市5人殺害事件

鹿児島県日置市5人殺害事件

岩倉知広(当時38歳)は、子供時代から普段はおとなしいが、何かあるとカッとなり同級生の間でも「1度キレると、止まらない」と言われるほど凶暴な男だった。

この事件をもっと詳しく知りたい人はこちら →

2018年3月31日、鹿児島県日置市の実家で、彼は父親祖母殺害してしまう。原因は、働かない知広に対して祖母が言った小言に激高したためだった。祖母を殴った知広に対し、父親は「お前を殺して、俺も死ぬ」と包丁を向けたのだ。かねてから息子を支えてきた父親だったが、このころにはもう限界だった。

数日後、2人と連絡がつかないことを心配して様子を見に来た親族2人殺害。さらに不審に感じて訪れた知人も手にかけてしまう。

5人殺害した知広だったが、あえなく逮捕となり供述を始める。彼は、父親を殺したことについては反省の意を示したが、他4人の被害者については「嫌がらせをくり返し受けていた復讐のため殺害した。謝罪するつもりはない」と話した。

母親によると、2002年7月に1年間勤めた自衛隊を辞めて以降、「誰かに監視されている」「俺の悪口を言っているだろう」などと言うようになったという。このころから彼には、幻聴が聞こえるようになっていたのだ。そして家庭内暴力が始まり、彼はひとりで住むことを余儀なくされた。

知広の言う”嫌がらせ”の内容については「水道水に毒を盛られて、歯がボロボロになった」「住んでいた街を乗っ取られた」などであったが、当然そんな事実はない。被害者同様に恨まれていた知広の叔父は「知広に直接何かを言ったことはない。被害者らとの会話で『知広は仕事をせず、家でゲームばかりしている』と言った程度だ」と証言した。

精神鑑定で「妄想性障害」と診断された知広は、父親以外の被害者4人叔父に対し ”自分を迫害する一派” だと思い込んでいた。妄想もここまでくると深刻で、彼には治療が不可欠な状態だった。しかし知広は、15年間ほとんど働かずにひとり暮らしのアパートに引きこもり、症状は悪化の一途を辿ったのだ。そして、事件は起こった。

この事件をもっと詳しく知りたい人はこちら →

知広は一審判決で死刑が下された時、親族に対して「お前のしてることは許されんぞ」と叫んで検察官に飛びかかろうとしたという。彼は即日控訴し、弁護人は控訴審に控えて独自の精神鑑定を行うとしている。

タイトルとURLをコピーしました