スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉川友梨さん行方不明事件|家まであと400m地点で失踪した少女

日本の凶悪事件
スポンサーリンク

吉川友梨さん行方不明事件

2003年5月20日、大阪府熊取町で小学4年生の吉川友梨さん(当時9歳)が失踪する事件が発生。
友梨さんは下校中、友だちとわかれたあと、家まであと400mという通いなれた道で忽然と姿を消した。不審な白い車の目撃情報はあるものの、所有者の特定はできないまま現在に至っている。
数年後、「友梨さんの居場所を知っている」という夫婦が現れたが、両親を騙して金を巻き上げるだけの詐欺だった。両親のためも、一刻も早い解決を願ってやまない事件である。

スポンサーリンク

事件データ

失踪者吉川友梨さん(当時9歳)
容疑者不明
事件種別失踪事件
発生日2003年5月20日
場所大阪府熊取町
失踪状況遠足から自宅への帰り道

大阪府警察|吉川友梨さん行方不明事件

スポンサーリンク

事件の詳細

吉川友梨さん(当時9歳)身長は135cmだった

大阪府熊取町で2003年5月20日、小学4年生の吉川友梨さん(当時9歳)が下校途中に行方不明になった。

友梨さんが通っていた熊取町立・北小学校では、事件当日、社会見学の遠足で大阪市此花区にある「下水道科学館」に行った。見学を終え、学校に戻って解散したのが午後2時40分頃。
友梨さんは同級生3人と下校したが、途中の七山交差点で3人とわかれたあとはひとりで帰路についた。この時点で家まではあと560m。

グルマンディーズ ピーナッツ マスコット防犯ブザー スヌーピー sng-111a
ピーナッツの防犯ブザーが登場! パッと見て防犯ブザーに見えなくておしゃれ♪ 塾帰りや通学、夜道、旅行やキャンプなど緊急時にコール! ひったくり防止に最適! ランドセル取り付け用ベルトも付属! 本体を引っ張ると音が鳴ります。 (Amazon.co.jpより)

午後3時頃、自宅から約400mの路上で別の同級生男児とすれ違った際、言葉を交わした。これが最後の目撃情報となる。

友梨さんはその後、何者かに連れ去られたとみられている。

スポンサーリンク

友梨さんの当時の服装

吉川友梨さん行方不明事件

大阪府警察|吉川友梨さん行方不明事件

友梨さんは当時、身長135cm、細身でぽっちゃり顔。
当日身に着けていた服などは、

  • 白色のブラウス(制服)
  • 紺色のスカート(制服)
  • ピンクの靴下
  • 紺色の靴
  • 黄色のリュックサック(ハムスターのキャラクター「コロコロクリリン」)

大阪府警は泉佐野署に捜査本部を置き、これまでに延べ約9万4千人の捜査員を投入したが、今も有力な手がかりをつかめていない。

スポンサーリンク

数々の不審車両情報

吉川友梨さん行方不明事件

事件当初から不審車両情報は「黒色乗用車」「赤色スポーツタイプ」「白色セダン」「白いライトバン」などいくつもあった。
2013年5月に「白いクラウン」の情報が新たに浮上、2017年5月にはこの車が1983年~1990年製の可能性があると公表された。そして2018年5月、「白いクラウン」の目撃者の新たな証言が公表された。

それによると、「白いクラウン」は友梨さんの自宅から300m離れたところに止まっていたそうだ。同級生とすれ違った地点から100m進んだ場所である。

目撃者が徐行してクラウンを追い越す時、助手席に白い服の小学生くらいの女の子がうつむいて座っているのを見たという。失踪日、友梨さんは白いブラウスを着ていたので、この少女が友梨さんである可能性は高い。

グルマンディーズ リラックマ マスコット防犯ブザー リラックマ grc-111a
リラックマが防犯ブザーになって新登場! パッと見て防犯ブザーに見えなくておしゃれ♪ 塾帰りや通学、夜道、旅行やキャンプなど緊急時にコール! ひったくり防止に最適! ランドセル取り付け用ベルトも付属! 本体を引っ張ると音が鳴ります。 全2種 「リラックマ」 「コリラックマ」 (Amazon.co.jpより)

対象となる車両は約2300台。警察は所有者を対象に捜査を進めたが、これまでのところ有力情報はみつかっていない。

スポンサーリンク

鬼畜のような詐欺被害

吉川友梨さん行方不明事件
主犯・中谷浩気(当時39歳)と共犯で内縁の妻・川上佳代(当時38歳)

両親が有力情報の提供者に「懸賞金200万円を支払う」と発表した2週間後、これを悪用した詐欺事件が発生した。「友梨さんの居場所を知っている」とをつき、合計7000万円を騙し取った男女が逮捕されている。

逮捕されたのは主犯の堺市堺区の無職・中谷浩気(当時39歳)と共犯で内縁の妻・川上佳代(当時38歳)。友梨さんが行方不明になった2004年7月、川上が友梨さんの父親に電話で「自分の弟が誘拐された時、助けてくれた人がいる。その人を紹介する」と持ちかける。

そして同日、その道のプロを自称する中谷が出てきて、「居場所はだいたい知っている。三重県にいる」と騙し、交通費として10万円を提示。両親は藁にもすがる思いで払ってしまった。

その後も2人は、「友梨さんが見つかった」「保護する際に金がいる」「精神的に静養が必要、生活費がいる」などと、4年間でおよそ470回にわたって約7000万円を騙し取ったという。

両親が2008年10月に警察に相談したことから事件が発覚、2人は逮捕となる。そして裁判で主犯の中谷浩気懲役9年、共犯の川上佳代には懲役2年(執行猶予4年)の判決が下された。

中谷は、共犯の川上とともに2004年7月頃まで路上生活をしていた。「謝礼金200万円」の話を知った中谷が川上に計画を持ちかけ、詐欺の計画を立てた。2人は騙し取った金で高級ホテルに泊まり、ギャンブル三昧の日々を送るなどしていたという。

主犯の中谷浩気には、前妻との間に子供がいるそうです。自分に置き換えて考えたりしないんでしょうか?

友梨さんの家族に対して「申し訳ないとは思わなかった」と供述したそうです。理解できませんね。

悪意の書き込み

インターネットの掲示板に「殺害した」と書き込み、名誉を傷つけたとして、大阪府警は2011年2月4日、京都市中京区西ノ京左馬寮町、無職・大山慎三容疑者(当時29歳)を名誉毀損容疑で逮捕した。

大山容疑者は2010年11月12日、京都市中京区の漫画喫茶のパソコンから「俺は数年前、吉川友梨を誘拐し、殺害し、樹海に死体を捨てた」などと書き込み、さらに「次のターゲットは、仙谷官房長官一家に決めた」とも書き込んでいた。

取り調べに対し、「当時の仙谷由人官房長官の政治が気に入らなかった。脅しにインパクトをもたせるため、ポスターで知った友梨さんの事件について書き込んだ」と供述したという。

当時の仙谷由人官房長官を脅すのが目的で、目を引くように友梨さんの事件を引き合いに出しただけのようです。それにしても、あまりにも心無い行為ですね。良し悪しのわからない子供ではなく、29歳ということで驚きです。

スポンサーリンク

誘拐に適さない場所

吉川友梨さん行方不明事件
吉川友梨さんの足取りが途絶えたあたり

不審な車「白いクラウン」は、写真の奥の三叉路あたり(左寄り)に停車していたとみられています。
このあたりは道が狭く、停車はかなり迷惑なので目立ちます。目撃者が助手席に少女が乗っていたことまで覚えているのは、そのためでしょう。広い道なら誰も気にかけず、通り過ぎると思います。

 

その車が本当に犯人のものだとしたら、犯人はかなり大胆なことをしていることになります。

それでもこの場所を選んだのなら、何か明確な目的があったはず。例えば、誰でも良かったのではなく、”友梨さん” 個人をねらった可能性も高いのではないでしょうか?

グルマンディーズ ハローキティ マスコット防犯ブザー レッド san-411rd
ハローキティのマスコット防犯ブザーが登場! 塾帰りや通学、夕暮れや夜道、旅行やキャンプ、緊急コール、ひったくり防止に最適! (Amazon.co.jpより)

やはり防犯カメラは必要

こういう事件は、いつの時代も後を絶ちません
人見知りしたり慎重な子供でも、親の知らないところでにわかの「顔見知り」になってしまえば安心して付いて行ってしまうでしょう。学校帰りに何度も顔を合わせるようにして、少し親切にしてあげれば子供は警戒心を解いてしまいます。

 

こういう事件を防ぐには、やはり防犯カメラしかないと思います。通学路には防犯カメラが必須という法律でもあればいいですが、莫大な費用がかかるので難しいでしょうか?しかし子どもがひとり失踪して、述べ何万人もの捜査員を動員するのもかなりの費用です。

 

自治体によっては防犯カメラの補助金を出すところもあるようです。でもそれはあくまで任意。「人通りの少ない場所は義務化にして、国が費用を出す」ということになればいいと筆者は思います。

タイトルとURLをコピーしました