スポンサーリンク
スポンサーリンク

【3選】死刑確定!警察官が起こした殺人事件

悪徳警察官事件まとめ

警察官は正義の味方

これは間違いありません。事件や事故の時、やはり頼りになるのは警察です。現在、警察官は全国に約25万人。全員が”正義の味方”であるのが理想ですが、人間である以上それは現実問題として難しいことです。ほんの一部の警官が犯罪に手を染め、中には殺人まで犯す者がいるのも事実です。

ここでは殺人事件を起こして死刑となった警察官についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

1.福岡・小郡市母子殺害事件:中田充

福岡・小郡市母子殺害事件
現役時代の勤務地福岡県警(本部・巡査部長)
判決死刑:上告中

この事件をもっと詳しく知りたい人はこちら →

2017年6月6日、福岡県小郡市で、現職警察官による殺人事件が起きた。

被害者は福岡県警の中田充巡査部長(当時38歳)の家族で、妻・由紀子さん(38歳)と小学生の子ども2人。1階台所には燃えかけの練炭があり、当初は育児に悩んでいた妻による無理心中の可能性が強いと見て捜査が始まった。母子3人の死因はいずれも窒息死。だが、それは練炭によるものではなかった。司法解剖の結果、3人の死因は「首を絞められたことによる窒息死」と判明したのだ。由紀子さんは首の骨にヒビが入るほど強く圧迫され、子ども2人はトレーニング用のゴムチューブで首を絞められたこともわかった。

また、由紀子さんの爪からは犯人のものと思われる皮膚片が見つかっていたが、これが夫の中田充巡査部長のDNAと一致。中田は、6月8日午後5時31分、母子殺害容疑で逮捕された。

夫である中田充を犯人と断定した根拠は以下の通りである。

  • 現場にまかれた油と、中田の職場のロッカーのジッポーライターのオイルと同じものだった
  • 妻の爪に残された皮膚片と、中田のDNAが一致
  • 死亡推定時刻の午前0時~午前6時は、スマホの位置情報から中田も家に居たことが判明
  • 夫婦は不仲でケンカが絶えず、中田は同僚に「妻に死んでほしい」などと打ち明けていた
スポンサーリンク

パチスロ狂いのトラブルメーカー

中田は警官時代、トラブルメーカーとして知られており、何度も左遷されていた。事件当時は福岡県警本部に転属していて本来ならこれは栄転であるが、彼の場合は「トラブルメーカーを、県警本部の監視下に置く」という意味合いが強かったという。

また、大学時代からパチスロにハマり過ぎて、そのせいで留年もしている。この悪いクセはその後も治らず、パチスロが原因の夫婦喧嘩が絶えなかったという。事件前夜のケンカも、そのせいだった可能性は高い。

この事件をもっと詳しく知りたい人はこちら →

中田は取り調べ段階から一貫して犯行を否認。爪の皮膚片についても、前夜にケンカした時に搔きむしられたものと主張した。しかし裁判で下った判決は死刑。中田はこの判決を不服として、控訴するも棄却されている。
そしてこの裁判は、現在上告中である。

スポンサーリンク

2.警察庁広域重要指定115号事件:広田雅晴

警察庁広域重要指定115号事件
現役時代の勤務地京都府警(西陣警察署・巡査部長)
判決死刑:大阪拘置所に収監中

この事件をもっと詳しく知りたい人はこちら →

1978年7月、京都府警の警察官・広田雅晴(当時35歳)は、署内から実包入り拳銃を盗み出し、これを使って京都市南区の郵便局強盗に入った。しかし、これは失敗に終わり広田は逮捕。懲戒免職処分を受け、裁判で懲役7年に処せられる。動機は「上司が私の悪口を言っており、拳銃を盗めば困るだろうと思った」というあきれたものだった。

1984年8月30日、加古川刑務所を仮出獄により出所した広田(当時41歳)は、今度はより重大で凶悪な犯罪を起こす。出所から5日後、広田は虚偽の申告で京都の船岡山公園に警察官をおびき出し、包丁で刺して拳銃を奪う。そして奪った拳銃でこの警察官を撃って殺害した。
その後、広田は大阪に移動。消費者金融店舗で金を奪うため男性店員を射殺、もうひとりの女性店員から現金約60万円を受け取って逃走した。

警察は2件の事件の目撃情報から犯人を広田と断定、警察庁広域重要指定115号事件に指定して行方を追った。

スポンサーリンク

自ら居場所を知らせる

翌5日午前8時前、広田は西陣署に電話をかけ「署長を出せ、お前らが捜している広田や」などと挑発。そして、京都ではなく実家のある千葉にいることを明かした。彼は実家の母親にも電話していたが、これを逆探知した結果、千葉市内にいることは間違いなかった。

その後、不審な男を乗せた個人タクシーを、千葉県警捜査一課が発見。追跡の結果、タクシーは広田の実家前で止まった。降りた男に職務質問したところ、広田に間違いなかったため、警察は任意同行を求めた。その後27日に大阪府警により逮捕され、起訴されるに至った。

捜査段階では犯行を認めていた広田だが、公判では全面否認、無罪を主張した。凶器の拳銃、包丁などは見つからなかった。しかし2件の犯行には多数の目撃証言があり、大阪地裁はこれを信用性が高いと判断して広田に死刑を言い渡した。この判決は、控訴審・上告審ともに支持され、広田の死刑が確定した。

この事件をもっと詳しく知りたい人はこちら →

現在、広田は大阪拘置所に収監中である。

スポンサーリンク

3.山中湖連続殺人事件:澤地和夫

山中湖連続殺人事件
現役時代の勤務地警視庁(警部)
判決死刑
2008年12月16日獄中死(69歳没)

この事件をもっと詳しく知りたい人はこちら →

警視庁に勤める澤地和夫(当時45歳)は、機動隊員などを経て警部に昇任していたが、1980年1月、自分の店を持とうと考え40歳過ぎで退職する。そして3カ月後、かねてから計画していた居酒屋「橋長」を、新宿駅西口の一等地に開業した。

この時、4000万円もの借金を抱えてしまったが、居酒屋の経営はうまくいかず3年後に倒産。その頃には借金は1億5千万円にも膨らんでいた。そのうちの約5000万円は、かつての同僚の警察官らから借りていた。

澤地は借金返済のため、裏社会の人間と手を組むようになり、深みにはまっていく。仕入れた商品の代金を支払わず、売りさばいたあと倒産させる違法な会社の社長に就いたりもした。そのうち暴力団関係者とのトラブルで、小指を詰めさせられている。
しかし借金は減らず、澤地はとうとう重犯罪に手を染めることになる。

裏社会の人脈の中に、ひとりの在日韓国人の朴竜珠(当時48歳)がいた。彼に儲け話を打診したところ、ある宝石商をだまして金を奪う計画を聞かされる。澤地はこの話に乗り、紹介された猪熊武夫(当時35歳)とともに犯行を実行することになる。彼は不動産業者だったが、7億円の負債を抱えて倒産していた。

スポンサーリンク

元警官の正義感はどこへ・・・

1984年10月11日、澤地、猪熊、朴の3人は宝石商の太田三起男さん(36歳)を車に乗せ、猪熊が所有する山中湖の別荘へ向かった。太田さんは澤地・朴と組んで「厚木市に住む金持ちを騙して、宝石を法外な値段で売り付ける」という計画を信じていた。しかし実際は太田さん自身が標的で、厚木の金持ち役は猪熊が演じていた。3人は別荘で太田さんを殺害、床下に埋めて金品約5400万円相当を奪った。

10月25日には金融業者の滝野光代さん(61歳)を標的にして、土地を担保に3000万円の融資話を持ち掛けた。この偽の儲け話に乗ってきた滝野さんを、別荘に向かう車中で殺害、やはり別荘の床下に埋めた。この犯行では現金2000万円と貴金属計約2800万円相当を手にしている。

最初の事件の被害者・太田さんは、澤地と商談に出かけることを内縁のに伝えていた。そのことから澤地は重要参考人として事情聴取されることになる。彼は黙秘を貫こうとしたが取調官のほうが一枚上手で、結局は自供に追い込まれた。澤地と猪熊は死刑となり、朴は無期懲役が確定した。

この事件をもっと詳しく知りたい人はこちら →

澤地は死刑確定囚として収監中の2007年10月、胃がんが判明。切除ができず投薬治療していたが、翌年12月16日に多臓器不全のため東京拘置所で死亡した。(享年69歳)猪熊は東京拘置所に収監中である。

タイトルとURLをコピーしました